21日、アジアから移民が増えているオーストラリアやカナダで、住民の「名字ランキング」の上位に王(ワン)や李(リー)など中国系を含め、アジア系が目立つようになっている。写真はメルボルン。

写真拡大

2016年11月21日、澳洲億憶網によると、アジアから移民が増えているオーストラリアやカナダで、住民の「名字ランキング」の上位に王(ワン)や李(リー)など中国系を含め、アジア系が目立つようになっている。

特に最近はオーストラリアで中国系移民の増加が顕著。メルボルンとシドニーでトップ10に王(ワン)、陳(チェン)、李(リー)が入った。中国系のほかベトナム系の増加も目立った。

メルボルンのトップは「スミス」。以下ベトナム系の「グエン」、「ウィリアムズ」、「ワン」、「リー」、「ブラウン」、「ウィルソン」、ベトナム系の「トラン」、「チェン」、「ジョーンズ」の順だった。

シドニーは「スミス」、「リー」、「グエン」、「ジョーンズ」、「ブラウン」、「ウィリアムズ」、「チェン」、「ウィルソン」、「ワン」、「リー」の順だった。(翻訳・編集/大宮)