世界初の新エネ懸垂式モノレール試験線が21日午後、中国四川省成都市で正式に運行を開始した。

写真拡大

世界初の新エネ懸垂式モノレール試験線が21日午後、中国四川省成都市で正式に運行を開始した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

新エネ懸垂式モノレールとは、リチウム電池パワーパックをけん引動力とする懸垂式モノレールを指す。世界初の新エネ懸垂式モノレールは、西南交通大学けん引動力国家重点実験室が中心となり、中国中車、中国中鉄、攀枝花鋼鉄公司など大型国有企業7社が共同開発した、中国が完全に独自の知的財産権を持つ新型現代交通システムだ。

新エネ懸垂式モノレールのチーフデザイナー、中国科学院院士の■婉明氏(■は曜のつくり)によると、中国は日本とドイツに続き世界で3番目に懸垂式モノレールを製造した国になった。成都市で開発中の新エネ懸垂式モノレールは、高圧電線により動力を供給するのではなく、リチウム電池パックを列車のけん引動力とする。これは世界初の快挙となる。

■婉明氏は「新エネ懸垂式モノレールはゼロエミッションで電磁放射を生まず、運行中の騒音は通常の列車を大きく下回る。さらにレールが空中にあるため、敷地面積が狭く、地上の道路交通網に影響しない。今後は全システムの運営試験を行い、関連技術標準の制定とモデルラインの建設に向け基礎を固める」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集YF)