特別展「雪村―奇想の誕生―」滋賀で開催 - 雪村芸術の全貌に迫る最大規模の回顧展

写真拡大

特別展「雪村―奇想の誕生―」が、2017年8月1日(火)から9月3日(日)まで、滋賀・MIHO MUSEUMにて開催される。

戦国時代、東国で活躍した画僧、雪村周継(せっそんしゅうけい)。武将の子として生まれながら出家して画業に専心した雪村は、故郷の茨城や福島、神奈川など東国各地を巡り歩いた。その生涯は未だ謎に包まれているが、革新的であり、人間味あふれる温かな水墨画を描き続けたということだけは疑いようもない。

本展は、海外からの里帰り作品を含めた雪村の主要作品約80件と、関連作品約30件で構成される最大規模の回顧展。雪村が、生涯にわたって衰えることなく描き続けた人物画はもちろん、山水画、花鳥画、静物画など“奇想”に溢れた作品を展示する。

修行時代に描かれた《風濤図(ふうとうず)》から、70歳ごろの大作《呂洞賓図(りょどうひんず)》、《琴高仙人・群仙図》など重要文化財も多く、雪村芸術の写実的かつ細やかな感性に触れられる絶好の機会である。

また、雪村の魅力に憑りつかれた画家たちの作品もあわせて紹介。尾形光琳や狩野芳崖らが、新たな日本画創出のために雪村を研究して描いたとされる絵画も目にすることができる。

雪村のドラマチックな作品の数々はどのようにして生まれたのか。また、継承したものたちがいかにして受容してきたかを検証しつつ、雪村芸術の全貌に迫る。

なお、本展は2017年3月28日(火)から5月21日(日)まで東京藝術大学大学美術館にて開催された同名の展覧会の巡回展である。また、会期中は展示替えが行われるので、鑑賞したい作品があれば事前にチェックしてほしい。

【開催概要】
特別展「雪村―奇想の誕生―」
会期:2017年8月1日(火)〜9月3日(日)
会場:MIHO MUSEUM
住所:滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL:0748-82-3411
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:00まで)
休館日:月曜日
観覧料:一般 1,100円、高・大学生 800円、小・中生 300円。
※20名以上の団体は各200円割引。
出展数:122件(うち雪村作品87件) ※会期中展示替えあり。
■イベント情報
「とっておき美術公開講座 雪村展担当学芸員の解説」
日時:2017年8月12日(土) 14:00〜15:00
場所:南レクチャーホール
学芸員:片山 寛明
※予約不要、参加無料(入館料は必要)


[写真付きで読む]特別展「雪村―奇想の誕生―」滋賀で開催 - 雪村芸術の全貌に迫る最大規模の回顧展

外部サイト

  • 「パリ♡グラフィック展」東京・三菱一号館美術館で、19世紀末パリの版画・ポスター作品約140点展示
  • 「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」を高知県立美術館で - 光るボールのオーケストラ
  • 展覧会「チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」渋谷ヒカリエで、昼と夜で楽しめる参加型アート