キム・ハヌル主演映画「女教師」緊張感漂う予告映像&ポスターを公開…(動画あり)

写真拡大

映画「女教師」(監督:キム・テヨン)、もう一つの問題作の誕生だ。

「女教師」は、女教師ヒョジュ(キム・ハヌル) が、いきなり入ってきた後輩教師で理事長の娘ヘヨンと自身が目をつけていた男子学生ジェハとの関係を知り、すべてを持っているヘヨンからたった一つだけを奪おうとしながら繰り広げられるストーリーを描いた問題作だ。

今回公開された予告編は、運動場の真ん中に跪いて謝罪しているヒョジュの姿から始まる。「なぜ私にそんなことをしましたか」と話すヘヨン。そしてその2人を見つめる学生たち、ヘヨンに抱かれたヒョジュの表情まで、短い時間で様々な心境を見せてくれる。

続いて「教えてあげる。私がなぜこうしているのか」というキム・ハヌルの冷ややかなナレーションと共に流れるモンタージュと男子学生ジェハの登場は、3人の間に起こることに対する好奇心を刺激する。

映像と共に公開された予告ポスターでは、映画の雰囲気を思う存分表現したキム・ハヌルの姿が際立つ。凄然とした表情で暗い体育館の中に横になっている姿は、普段ラブリーなイメージで注目を集めていたキム・ハヌルとはまったく違う雰囲気を醸し出し、映画の展開に対する関心を高める。

ドラマ 「空港に行く道」に続き、「女教師」を通じて熱い演技を披露しながら変身を図ったキム・ハヌルであるだけに、予告ポスターに描かれた強烈な姿に関心が集まっている。さらに「全部持っている子から1つだけを奪うこと、教えてあげる。何がもっと悪いのか」というコピーは、キム・ハヌルが「女教師」で見せてくれる姿に対する期待をより高めている。