21日、中国で毎年11月に開催されているバドミントンの国際大会「中国オープン」で、中国選手団は1986年の第1回大会以降で初めて優勝者ゼロに終わった。資料写真。

写真拡大

2016年11月21日、中国で毎年11月に開催されているバドミントンの国際大会「中国オープン」で、中国選手団は1986年の第1回大会以降で初めて、男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの5種目で優勝者ゼロに終わった。仏RFIが伝えた。

今月11日から20日まで福州市で行われた同大会で、中国選手団は、男子シングルスのシン龍(チェン・ロン)、女子シングルスの孫瑜(スン・ユー)、女子ダブルスの黄東萍(ホアン・ドンピン)、李茵暉(リー・インフイ)組、混合ダブルスの張楠(ジャン・ナン)、李茵暉組がそれぞれ決勝へ進んだが、いずれも優勝を逃した。(翻訳・編集/柳川)