心温まるシーンを捉えた1枚の写真が話題となっている。

写真拡大

心温まるシーンを捉えた1枚の写真が話題になっている。浙江省衢州市の真っ暗な路上を走る1台の三輪車。男性が漕ぐその三輪車後部の積載スペースには白髪の老人が乗っており、ヘッドライトを点けたパトカーがゆっくりと三輪車の前を走っている。パトカーは三輪車の行く道を明るく照らしているのだ。あるネットユーザーは、「パトカーは家路を明るく照らすだけではなく、寒くなった冬の日も暖かくした」とコメントした。銭江晩報が伝えた。

【その他の写真】

16日午後7時すぎ、市民の戴鵬さんは遥か遠方に、街灯がなく非常に暗い道で、1台のパトカーがへッドライトを点けて、三輪車の後ろをゆっくり走行している様子を目撃した。その状況から、パトカーは三輪車を明るく照らしていることが分かった。

戴鵬さんは思わず携帯電話を取り出し、この心温まるシーンをカメラに収めた。この写真がネット上にアップされると、瞬く間に関心の的となった。

その時パトカーに乗っていた鄭士竜警官は、「自分が行った市民へのちょっとした行動がこれほど大きな反響を呼ぶとはまったく予想していなかった。われわれは末端の人民警察官であり、年老いて身体が弱ってきている老人を家に送り届けることは特別な仕事でもなんでもない。これが称賛に値するとは決して思えない」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)