『ファンタスティック・ビースト』ジャパンプレミア

写真拡大

11月23日(水・祝)より公開となる「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。"新シリーズ幕開け"となる本作を引っさげ、エディ・レッドメインらが来日し、都内でジャパンプレミアイベントが開催された。

今回、来日したのは新たな魔法の世界を牽引する新主人公ニュートを演じるエディ、魔法使いティナを演じるキャサリン・ウォーターストン、ティナの妹クイニー役のアリソン・スドル、魔法の世界に初めて誘われる人間ジェイコブ役のダン・フォグラー。さらに、デヴィッド・イェーツ監督とプロデューサーのデイビッド・ハイマン。雨が降る中、日本人ゲスト登場のあとレッドカーペットに現れ、ファンとの交流を楽しんだ。

その後、ステージには宣伝大使のDAIGOが登場。魔法のトランクをたたくと、そこからなんとエディが登場! 続いて扉を開ける呪文を唱えると、キャサリン、アリソン、ダンらが扉からステージへ。女性キャストの登場時には、エディが手を添えエスコートするというジェントルマンらしい一面を見せた。

「日本に来られてとても嬉しいです。応援してくれて本当にありがとう。脚本を読んで一番ワクワクしたのは、スリラーからロマンス、コメディ、そして温かいハートの部分といった色々な要素のあるJ・K・ローリングのトレードマークを感じられたことです」とエディが挨拶。ティナ役のキャサリンは「この仕事が決まった時の驚きは今も続いているような気がします。今舞台にいるグループ全員が美しくてやさしくて。献身的にこの仕事と向き合って作品を作ってきました。自分がその中の一人でいられることを光栄に思います」とコメントし、続いてアリソンは「東京、魔法?」と日本語でかわいらしい挨拶をしたあと、「日本に来るという子どもの頃からの夢が叶いました。この映画もとっても特別で皆さんと同じように私たちもハリー・ポッターのファンでした。ぜひ楽しんでください」と今作への特別な想いを語った。また、来日キャストの中で唯一人間を演じるダンは「この作品に出演できたことはまるで宝くじに当たったようだと思っています。実は出演できるように星に願ったのです。皆さんに会えることも願っていたので、今日は全て叶いました」と役を勝ち取った喜びを笑顔でコメントした。

最後にDAIGOから日本のみんなに掛ける魔法があるとしたら?という質問に対し、「日本の皆さんは温かく歓迎してくれたので、ファンのみんなをニュートのトランクに入れて持って帰りたいよ」と答えると、会場は大きな歓声に包まれた。

スケールアップする世界観、進化する魔法、予測不能な大冒険と壮大なドラマに益々期待が高まる。ハリポタからファンタビへ新たな魔法の時代が幕を開ける。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)よりロードショー。(海外ドラマNAVI)