写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイトロックは11月22日、Zabbix Japanと認定パートナー契約を締結し、Zabbixユーザ向けの24時間365日有人対応型運用サービス提供を開始した。サービスの参考価格は月額10万円から(税別)。

Zabbixはネットワーク、サーバ、ネットワーク機器などのITリソースの監視・追跡を行える企業向け監視ソリューション。

同社では、Zabbixに設定されているモニタリング内容をZabbix API経由でサイトロックのオペレーションセンターシステムに取り込み、連携させるsRConnect for Zabbixを開発。今回、sRConnect for Zabbixを用いた24時間365日有人対応型運用サービスを提供する。

同サービスでは、Zabbixの導入や運用に影響を与えることなく、必要なオペレーションのみアウトソースできる。Zabbixユーザが休日や夜間帯の運用体制を確立することで、Zabbixの導入メリットであるコスト削減効果を最大限すると同時に、日々のシステム運用品質をさらに向上させることが可能となるという。

また、Zabbixによる監視を効果的に実施するため、Zabbix認定エンジニアによる監視設計を行い、監視、障害切り分け、通知、障害対応、ベンダーエスカレーション、インシデント管理、情報共有ポータル提供、定期/不定期運用作業代行などを24時間365日体制での運用監視サービスを提供する。

(山本明日美)