MVに出演する(左から)リン・チーリンとビビアン・スー=相信音楽提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 22日 中央社)女優のビビアン・スー(徐若[王宣])とリン・チーリン(林志玲)が、人気バンド、メイデイ(五月天)の新曲「好好」のミュージックビデオ(MV)に揃って出演し、同曲に華を添えている。

ビビアンとチーリンはスケジュールが詰まっている中、メイデイを応援しようと、オファーを二つ返事で快諾。撮影当日、チーリンは早朝に出演映画がクランクアップしたばかりにも関わらず、夜から翌朝4時までMVの撮影を続けた。ビビアンもMVのために予定を空けてシンガポールから台湾に戻った。撮影時間は12時間を超えたという。

メガホンを取ったのは「百日告別」や「九月に降る風」(九降風)のトム・リン(林書宇)監督。若手のチー・ペイホイ(紀培慧)やテン・ユーカイ(トウ育凱)も出演している。MVは2人の少女が大人になるまでの友情、愛情、ペットに対する“親心”を描いており、ビビアンとチーリンは成長後の2人を演じている。(トウ=登におおざと)

メイデイは今年7月に4年半ぶりのオリジナルアルバム「自伝」をリリース。「好好」は収録曲の一つで、日本のアニメーション映画「君の名は。」の台湾版テーマソングに選ばれている。

(呉ワンテイ/編集:名切千絵)