iPhone6sの電源が勝手に落ちるという声が消費者から上がったことについて、アップルはごく一部の端末にこの問題が起きることを認め、対象となるiPhone6s端末のバッテリーを無償で交換することを明らかにした。写真は中国のアップルストア。

写真拡大

iPhone6sの電源が勝手に落ちるという声が消費者から上がったことについて、アップルは21日、ごく一部の端末にこの問題が起きることを認め、対象となるiPhone6s端末のバッテリーを無償で交換することを明らかにした。新華社が伝えた。

アップルは公式サイト上で、「iPhone6sの電源が勝手に落ちる不具合」について言及し、修理対応の詳細について発表した。これによると、今回の問題は安全性に関わることではなく、2015年9月から10月の間に生産された端末だけに生じ得る現象という。もし端末にこのような問題が生じた場合は、アップル直営店もしくは正規サービスプロバイダに持ち込めば、技術担当者が端末のシリアルナンバーをチェックする。それにより、無償でのバッテリー交換の対象となるかどうかが確認できる。

他の型番のiPhoneに同様の現象が発生する可能性があるのかどうか、及び今回の問題の具体的な原因については、アップルはまだコメントしていない。(提供/人民網日本語版・編集KM)