1番身近なドーナツ屋さん?

写真拡大

コンビニに入った客の45.2%がドーナツを購入している――。1万1148人を対象にした調査結果です。10〜40代の女性ではさらに高くなり、5割を超えます。すごい人気ですね。

コンビニドーナツ人気の秘密に迫ります。

堂々1位 ドーナツが人気のコンビニ

数あるコンビニのうち、ドーナツが人気のチェーンはどこなのでしょう?

直近1年間にコンビニドーナツを購入したコンビニエンスストアは、1位「セブン‐イレブン」(67.8%)、2位「ローソン」(32.2%)、3位「ファミリーマート」(18.0%)です。

もともとクオリティの高さに定評があったセブンのドーナツが断トツです。個別包装が始まってから、ますます買いやすくなった印象があります。人気のセブンカフェのコーヒーとセットにできたりするのもつい買ってしまう理由かもしれません。

実際、どんな時に買うかを聞いてみると、「甘いものが食べたい」「小腹が空いた」が4〜5割で上位2位、「店頭でおいしそうな商品を見かけた」「ほかのものを買うついで」「コンビニコーヒーを買うとき」が2割弱で続いています。

ドーナツ目的でコンビニに行くのではなく、コンビニに行ったらなんとなく手が伸びてしまうという感じでしょう。記者もレジに並んでいるとき、什器の中のおいしそうなドーナツが目に入るとついつい買ってしまいます。

ほかにも、ドーナツ専門店などではなく、コンビニだからこそのドーナツの良さはあるのでしょうか?

1個でも買えるのがいい

コンビニドーナツを買う理由を聞いてみると、「価格が安い」「気軽に買える」「1個でも買いやすい」「値段の割においしい」が直近1年間購入者の3割前後で上位にあがっています。

「気軽に買える」「1個でも買いやすい」は、女性が男性を約14ポイント上回ります。確かに、ドーナツ店などで1個だけというのは買いにくいですよね。最近ではドーナツ専門店も顔負けのおいしさのものも少なくないですから、普段食べる分には、コンビニドーナツの方が便利です。

実際のコンビニ利用者からは「毎日コンビニで新聞やたばこを購入するので、ついでに買いやすい」(男性53歳)など、ほかの物と一緒に買えることでドーナツがより身近な存在になったという声もあります。

また、「新しい種類も出ているので食べてみたいし、値段もリーズナブルだと思うから」(女性57歳)という声のように、頻繁に通うコンビニでは新商品が出たらすぐ気づくという利点もあります。値段的なハードルも低いので、手が伸びますよね。

「なんとなく」目に入ってきて、「ついでに」買っちゃっても、けっこう満足できてしまうコンビニドーナツ。強さの秘密はゆる〜い心構えで手を出しちゃっても後悔しないところにあるのかも知れません。

調査はマイボイスコムが2016年10月1日〜5日、10代〜50代以上の男女1万1148人を対象にインターネットで。