陳逢顕さん提供

写真拡大

(新北 22日 中央社)今年も残すところ1カ月あまり。台湾人ミニチュア彫刻家の陳逢顕さんが、来年のえとにちなんで樹脂で作った大きさ1ミリのニワトリを埋め込んだ指輪を作製。2017年を迎える準備を整えた。

毎年、えとをミニチュアで表現している陳さん。頭を上げて鳴いている姿がはっきりと見て分かるニワトリは、約3カ月かけて作り上げた力作だ。今年不調だったことを忘れ、良い年を迎えてほしいという願いが込められている。

作業時には息を止め、細心の注意を払う。陳さんは作品を通じて芸術の奥深さが伝わればとしている。

(黄旭昇/編集:齊藤啓介)