映画『空海―KU-KAI―』日中合作 - 空海を染谷将太、阿部寛も出演

写真拡大

映画『空海―KU-KAI―』が2018年2月24日(土)より全国ロードショー。

日中合作として史上最大規模の映画

日中共同製作の映画として史上最大規模となる『空海―KU-KAI―』は、ベストセラー作家・夢枕漠のヒット作『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』の実写化。遣唐使として唐に渡った空海の姿を描いていく。

6年かけて「唐の都」を完全再現

構想は8年、総製作費は150億円におよぶという。また今回撮影が行われている湖北省・襄陽市に組み立てられた、唐の都を再現したセットは367,000ヘクタール(東京ドーム8個分)で、6年かけて作り上げられた。そんな壮大なスケールとなる『空海』の完成が待ち遠しい。

空海役に染谷将太、安倍仲麻呂役に阿部寛

遣唐使・空海を演じるのは染谷将太、頭を坊主にして挑む。意外にも海外映画に出演するのは『空海―KU-KAI―』が初めて。しかも主演だ。

安倍仲麻呂役に阿部寛

そして、空海の相棒となる唐代の詩人・白楽天には中国人俳優の黄軒(ホアン・シュアン)。さらに、阿部寛が玄宗皇帝の側近である安倍仲麻呂、唐の玄宗皇帝の寵愛を受けた皇妃・楊貴妃役をチャン・ロン・ロンが演じることが発表された。他にも、松坂慶子、火野正平らが出演する。

巨匠チェン・カイコーが監督

監督は、中国の巨匠・陳凱歌(チェン・カイコー)。『さらば、わが愛/覇王別姫』ではカンヌ国際映画祭パルム・ドール、ゴールデン・グローブ外国語映画賞を受賞した。

【作品詳細】
映画『空海―KU-KAI―』
公開日:2018年2月24日(土)
原作:夢枕獏 『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』(角川文庫/徳間文庫)
監督:陳凱歌(チェン・カイコー)
出演:染谷将太、黄軒(ホアン・シュアン)、阿部寛、松坂慶子 、張榕容(チャン・ロン・ロン)、火野正平
配給:東宝、KADOKAWA
©2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film


[写真付きで読む]映画『空海―KU-KAI―』日中合作 - 空海を染谷将太、阿部寛も出演

外部サイト

  • 「爆音映画祭」名古屋・大阪・京都で開催『キングスマン』『君の名は。』『ベイビー・ドライバー』など上映
  • 映画『ちはやふる -結び-』主演・広瀬すずら主要キャスト再集結 - 舞台は前作から2年後
  • 映画『犬猿』吉田恵輔脚本・監督、窪田正孝&新井浩文が"相性最悪"の兄弟に