待ってるよ〜!

写真拡大

 東京ディズニーランドにて、新エリア「キャプテン・ウッドチャック」が22日よりオープンした。ドナルドダックとデイジーダックに会える施設もあり、新しい人気スポットとして注目されている。

 ウエスタンランドのビッグサンダー・マウンテン横に位置する同エリアは、自然に囲まれたキャンプ場をイメージした作りになっている。2階建てのレストラン「キャプテン・ウッドチャック・キッチン」は、ドナルドの甥っ子ヒューイ、デューイ、ルーイらが野外活動で収集したコレクションなどが飾られているほか、暖炉や丸太が置かれるなど、温かみのある室内が印象的。思わぬところに隠れミッキーもいるので、それを探すだけでも冒険気分が味わえる。

 一番の目玉スポットは、キャラクターグリーティング施設「ウッドチャック・グリーティングトレイル」。野外活動用のコスチュームに身を包んだ、ドナルドとデイジーと一緒に写真撮影ができる。東京ディズニーランド内で新しいグリーティング施設がオープンするのは、ミッキーマウスに会える「ミッキーの家とミート・ミッキー」以来20年ぶりだ。

 また別エリアでは、2017年1月11日にクローズする東京ディズニーランドの人気アトラクションの一つ、「グランドサーキット・レースウェイ」のファイナルラップ・キャンペーンも開催中だ。最終日までの期間中にアトラクションを体験すると、「ファイナルラップ・ドライバー認定証」を手に入れることができる。跡地には、『美女と野獣』や『ベイマックス』をテーマにした新アトラクションが建設され、2020年春オープン予定だ。(取材・文:香取亜希)