放送開始「不夜城」イ・ヨウォン&AFTERSCHOOL ユイ、2人の“ウォメンス”に期待

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「不夜城」イ・ヨウォンとAFTERSCHOOL ユイが強烈な演技を披露した。

韓国で21日に初放送されたMBC月火ドラマ「不夜城」(脚本:ハン・ジフン、演出:イ・ジェドン) は、信頼できる俳優たちの熱演と目が離せないストーリー展開で視聴者を魅了した。

「不夜城」は最初のシーンから強烈だった。裸足で雨の中をさまよう切迫したイ・セジン(ユイ) と、冷たく冷静なソ・イギョン(イ・ヨウォン) の対立が繰り広げられたのだ。その後、けん制の中でも韓国市場に進出しようとするソ・イギョンと、彼女の欲望と貪欲の世界に一歩を踏み入れる貧乏なイ・セジンとの出会い、そして避けることのできない運命で繋がったパク・ゴヌ(チン・グ) との縁が描かれた。

ドラマの中心軸としてストーリーを引っ張ったイ・ヨウォンとユイは、期待を裏切らない熱演を披露した。自身だけの王国を建てようとするイ・ヨウォンは、感情を抑えながらも熱い欲望が生々しく生きた演技で、独自のカリスマ性をアピールした。自身を遮る人々の前でも折れない度胸と冷たいオーラは、今までに見たことのないヒロインの誕生を告げた。

貧乏出身のイ・セジン役のユイは、現実に屈しない、明るく生き生きとしたキャラクターに変身した。特に最初のシーンが与えたインパクトは、イギョンに出会って欲望に目覚めるセジンの見せる演技の幅に対する期待も高めている。

「不夜城」で期待を集めているところは、イ・ヨウォンとユイの圧倒的なウォメンス(Womance:Woman+Romance) だ。冷たい欲望でセジンを飲み込んでしまったイギョンが、自身のペルソナ、分身とも言える“ドッペルゲンガー”作りに成功できるかどうかに関心が集まる。セジンの中に潜在している欲望を見つけ、危険な提案をするイギョンと、彼女を通じて欲望に目覚めるセジンの関係は、終始緊張感を高めた。一緒に買い物をするなど一見友達のように見えたものの、自身を狙う罠に、代わりにセジンを向かわせるイギョンの冷静さは波乱の前哨戦だった。2人の相性と愛憎と友情を行き来する関係が緊張感を高めた。

「感情もお金よ。節約しなさい」「お金の前では謙遜で率直にならなければならない」「目に見える神、それがお金よ」「お金もコネもないと毎日必死になります」など、お金と欲望に対する考察が際立つハン・ジフン脚本家特有の名セリフは、強烈な印象を残した。さらに緊張感溢れる展開の中でも、人物たちの心理状態を見逃さないイ・ジェドンプロデューサーの繊細な演出が加わり、完成度の高いドラマの誕生を予告している。