写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウイングアーク1stは、総務省統計局が10月26日に発表した「平成27年国勢調査 人口等基本集計」の結果を、手軽にデータを閲覧できるWebサービス「3rd Party Data Gallery On Demand(以下3PDG On Demand)」のコンテンツとして無償提供すると発表した。これにより、人口・世帯の増減を地図表現やチャートにより把握することができる。

「3PDG On Demand」のコンテンツ「平成27年国勢調査 人口等基本集計」では、全国市区町村単位の人口、世帯数およびその増減率の把握や、ランキング形式に切り替えてデータを表現することができる。

また、閲覧だけでなく、コンテンツ内のチャートをレポートに利用したい、データを自由分析したいという要望に応え、オープンデータ有償ダウンロード版の提供も開始する。「3PDG On Demand」の有償ダウンロード版では、クレンジング済みのデータが利用可能。対象となるのは、「平成27年国勢調査 人口等基本集計」 「日本の地域別将来推計人口」 「訪日外客数の動向 国籍/月別訪日外客数」 「宿泊旅行統計調査(外国人) 国籍月別宿泊者数」の4コンテンツで、いずれも提供価格は利用期間90日、3,000円(税別)で利用期間中何度でもダウンロードできる。

(丸山篤)