「Vanity Fair」誌の表紙を飾ったジェニファー・ローレンス twitterより

写真拡大

26歳の女優ジェニファー・ローレンスが、28歳の女優エマ・ストーンとの仲を明かした。

ジェニファーはエマと俳優のウディ・ハレルソンを通して友達になったそうで、「Vanity Fair」誌に「彼女はウディから私の電話番号を聞いたとメールをくれたわ」「私は失せろ!って返したの。それ以来すごく良い友達よ」とコメント。エマとは1年間毎日メールのやり取りをしていて、「私たちのバージョンの『きみに読む物語』みたいよ。365通ね」と話している。

さらに「私は自分の仕事が大好きよ」「演技がなかったらどうなっていたか分からないわ。だから、同じことが大好きな人がいると、親しくなるのよ。その人がどんな人かによるけれど、エマはとても普通でラブリーよ」と語った。

また、エマは「Vanity Fair」誌にジェニファーについてEメールで「彼女は知らないかもしれないけれど、初めの頃はまちがいなく、『オー、ヘイ、私のエゴはおかしくなるわ。彼女はとても素晴らしくて、活力があって、才能がある。私は失敗した。もう2度と仕事はできない。グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』って時があったの」と話していて、芸能界とはさよならだと感じたそうだ。しかし、「でも、冷静になったわ。私たちは全然違っていて、みんなに居場所があるって思ったの。そういう考えをサポートしないような業界に見えてもね」「私たちは俳優であることを超えて、本当にお互いが大好きで、人としてお互いを思っている。仕事のことで全面的に彼女をサポートしているし、彼女からも同じだと感じるの。同じ仕事をしていなくても友達でいただろうなって分かるわ」と明かしている。

ジェニファーとエマは昨年11月に歌手のアデルと食事をしているところを目撃されていて、その時よりも友情はさらに深まったようだ。