日本では「ゲレンデヴァーゲン」の名称で人気の、メルセデスベンツ最高級オフローダー『Gクラス』次期型のプロトタイプが、絶景の雪山で登山テストを行いました。

1

発売以来38年間、マイナーチェンジを繰り返し、内装やインフォテイメントシステムのアップデートを繰り返してきた「Gクラス」ですが、2017年に初のフルモデルチェンジを行う可能性が高いようです。

ハイライトは、次世代プラットフォームにより全幅を約10センチ拡大し、軽量アルミニウム素材を使用することで300kg程度の大幅減量が施されることです。

エクステリアは、2012年にロサンゼルスモーターショーで公開された近未来オフローダー「エナーGフォース コンセプト」から意匠を得るとも噂されますが、長年守り続けた伝統的エクステリアが、どこまでその新デザインを受け入れるのか注目です。

パワートレインも一新され、新開発の3リットル直列6気筒エンジン「256」を搭載、さらにハイブリッドモデルにも期待が集まります。

ワールドプレミアは2017年秋、フランクフルトモーターショーが最有力です。

(APOLLO)

絶景の雪山を登った、メルセデス・ベンツ「ゲレンデ」次世代型(http://clicccar.com/2016/11/22/417937/)