7万4000人の大観衆に囲まれたアウェーの地で、ラグビー日本代表が欧州列強のひとつであるウェールズ代表に対し、残り10秒まで30-30の同点――。昨年のワールドカップ(W杯)南アフリカ戦に続く金星なるか、と思われたが、惜しくも相手のドロップゴールの前に力尽きた。

 9月にジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ(HC)が就任したラグビー日本代表は、11月に新体制初の国際試合を行なった。東京・秩父宮ラグビー場で行なわれた昨年W杯ベスト4の強豪アルゼンチン代表との初陣は、20−54で大敗。しかし、ヨーロッパ遠征第1戦のジョージア代表戦は、スクラムとモールに強みを持つ相手に28−22と競り勝つ。そして、その勢いのまま11月19日、世界ランキング6位のウェールズ代表にチャレンジした。

 今回のヨーロッパ遠征は招集32人中、初めて日本代表に入った選手が17人と、経験の浅い選手も多い。「ジェイミー・ジャパン」こと新生日本代表が、ウェールズ相手にどこまで戦えるのか――。2019年に開催されるW杯に向けて、ひとつの試金石となる試合だった。

 そんななか、ウェールズ戦で光を放ったのは、2015年の「W杯組」であり、積極的に海外に挑戦してきた「バックスリー(※)」のふたりだ。WTB山田章仁とFB松島幸太朗が中軸となってすばらしいパフォーマンスを見せたことが、30-33という善戦につながったと言えるだろう。

※バックスリー=WTB(ウイング)とFB(フルバック)の総称。

 まずWTB山田は、試合早々から全力でフィールドを駆けて相手にプレッシャーをかけていた。SO(スタンドオフ)田村優の転がすようなキックに反応し、相手の反則を誘ってペナルティゴールを得るなど、昨年のW杯を彷彿とさせるようなプレーを披露。真骨頂は前半37分、ウェールズに6-14とリードされていたときに見せたシーンだ。

 ジェイミー・ジャパンはしっかりとディフェンスラインがセットできたとき、積極的に前に出て相手の攻撃にプレッシャーをかけるシステムを採用している。アルゼンチン戦ではほころびを見せてラインブレイクをされたが、ジョージア戦ではしっかりと修正。ウェールズ戦の前半37分のシーンでも、FL(フランカー)布巻峻介が前に出て相手にタックルし、それに連動してCTB(センター)立川理道がプレッシャーをかけ、こぼれたボールをWTB山田が拾い上げて60mを快走した。そしてインゴールに飛び込み、14−13と1点差に追い上げて前半終了。試合の流れのなかで奪った、大きなトライだった。

 WTB山田は走っている途中でスタジアム上部にあるスクリーンを見て、追いかけてくる選手がいるかどうかを確認する余裕も見せていた。「(7万4000人の大観衆のなかでプレーして)EXILEさんの気持ちがわかりました(笑)。気持ちよかったですし、スポーツ選手として幸せなトライでした。みんながディフェンスをしてくれたおかげです」(山田)。

 相手のプレーする時間や考える時間を減らし、ボールを奪取して少ない攻撃でトライを挙げるのは、ジェイミー・ジャパンが目指す形のひとつだ。「FWやフィールドの真ん中にいる選手たちが日本代表のディフェンスを理解し、遂行しているのがよかった」とWTB山田が振り返ったように、ウェールズ戦の善戦は短期間でディフェンスを立て直したコーチングスタッフの手腕もあるが、遠征中で練習時間を多く取れないなかでもコミュニケーションを取り、選手の理解度が上がった証(あかし)でもある。

 さらに、「エディー・ジャパン」から「ジェイミー・ジャパン」になって、ますます存在感を示しているのはFB松島だ。W杯で五郎丸歩がつけていた「15番」を背負い、11月の3試合すべてに先発している。

 ジョセフHCのラグビーは、タッチに蹴るのではなく、ハイパントを蹴って相手を崩すスタイル。そのため、「15番」には判断力、キックの精度、スピードといった総合的な能力が要求される。

 FB松島は、その期待に見事に応えている。アルゼンチン戦はボールを持って攻める時間が多くなかったものの、ジョージア戦ではカウンターからスペースにキックしてチャンスを演出し、WTBカーン・ヘスケスからオフロードパス(※)を受けて最後は自らトライも挙げた。

※オフロードパス=タックルを受ける前に投げる通常のパスに対し、タックルを受けてから投げるパスのこと。

 ウェールズ戦でも23-30で迎えた後半27分、日本代表のWTBアマナキ・ロトアヘアが挙げたトライの起点は、FB松島のインターセプトからのランだ。得意のランでスペースに積極的に仕掛ける姿勢が、同点に結びつくプレーとなった。また、ジョージア戦と同様に、ウェールズ戦でも自らハイパントを蹴ってキャッチしに行ったり、チェイスしたりするシーンが多かった。

 ウェールズ戦に惜敗し、悔しい表情を見せながらもFB松島は、「(自分自身のパフォーマンスに関しては)文句なしという感じでした。今週ハイパントキックを練習し、それが試合に出せたし、プランを遂行できた。チームとして成長できた試合だと思うし、大観衆のなかでプレーできたことは経験にもなります。今後も自分のプレーに専念して、いいプレーを引き続きしていきたい」と胸を張った。

 FB松島はCTBでもWTBでもプレーできる万能選手だが、桐蔭学園時代から背負っている「15番」へのこだわりは強い。FB五郎丸もフランス・トゥーロンで2戦連続して先発するなど復調してきたが、もし彼が日本代表に戻ってきても、松島からポジションを奪うのはなかなか難しいだろう。それだけ、ジェイミー・ジャパンでの松島の存在感は際立っていた。

 11月の3試合を振り返ると、日本代表はバックスリーだけで9トライ中8トライを挙げている。ジョージア戦ではリオデジャネイロ五輪で日本代表のエースだったWTBレメキ ロマノ ラヴァが2トライ、W杯と五輪に出場した唯一の選手であるWTB福岡堅樹もジョージア戦とウェールズ戦でトライを挙げて、ジョセフHCへのアピールに成功した。

 昨年のW杯南アフリカ戦で劇的な決勝トライを決めたWTBヘスケス、CTBでもプレーできるWTBロトアヘア、そしてサンウルブズでさらなる成長を遂げたFB笹倉康誉らも控えている。今後もバックスリーが切磋琢磨していくことが、チーム力の底上げにつながっていくはずだ。

 2019年W杯に向けてウェールズ戦は、ジェイミー・ジャパンの大きな可能性を感じさせた。そんなチームの中軸となり、相手の脅威となるのが日本のバックスリー。彼らのアタックから目が離せない。

斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji