EDMプロデューサーTAK、24日アルバム「VOICE」で正式デビュー…Suranが参加

写真拡大

EDMプロデューサーのTAKがアルバム「VOICE」で正式デビューする。

21日、TAKの所属事務所は「デビューアルバム『VOICE』には歌手のSuranがフィーチャリングとして参加した。エレクトロニック音楽マニアを含め、大衆音楽のファンの関心をより集中させる見通しだ」と明かした。

今回のアルバムには「プログレッシブ・ハウス」「エレクトロ・ハウス」「チルアウト」に続き、TAKだけのシグネチャーサウンドである「グライド・ベイス」などを多彩に収録した。全曲のプロデューシング、作曲、ディレクティングをTAKが担当した。

TAKは2014年12月に開催されたソ・テジのクリスマロウィン・リミックス・コンテストの優勝者だ。INFINITE、MONSTA Xなどのプロデューサーとしても活動した。