世界知的所有権機関と国家工商行政管理総局が共同で主催した商標の国際的登録制度「マドリッドプロトコル」の成立125周年記念イベントが15日に山東省青島市で開催された。

写真拡大

世界知的所有権機関(WIPO)と国家工商行政管理総局(SAIC)が共同で主催した商標の国際的登録制度「マドリッドプロトコル」(マドリッド協定)の成立125周年記念イベントが15日に山東省青島市で開催された。

同局の劉玉亭副局長は、「現在、中国企業のブランド意識が絶えず強化されており、商標登録の出願件数は14年連続で世界一だ。2016年10月末現在、中国の商標登録の累計出願件数は2137万件を超え、累計登録件数は1409万件以上になり、うち有効な登録の件数は1200万件に達し、『3つの1000万件以上』を実現した。中国では市場主体7.5主体ごとに1つの有効な商標登録がある計算になる」と述べた。

マドリッドプロトコルは100年を超える発展期間を経て、今や国際交流・協力の重要なプラットフォームだ。今年10月末現在、中国の申請者が出願しマドリッドプロトコルで登録された有効な商標登録は2万1622件に達する。(提供/人民網日本語版・編集/KS)