多忙なカニエ・ウェスト (c)Imagecollect.

写真拡大

ラッパーのカニエ・ウェストが、現地時間21日に病院に搬送されたことが分かった。

この日の午後1時20分頃に警察はカニエの医療福祉チェックのための連絡を受け受け取り、カニエの自宅に行ったが、不在だったとのこと。そして、その後カニエが救急車でUCLA医療センターに運ばれたとゴシップサイト「TMZ」は伝えている。カニエは病院に行きたくなかったため、到着した時は拘束されていたそうだ。

関係者によると、カニエはひどい睡眠不足のために病院に行く必要があると判断されたとのこと。疲れが溜まっていたそうで、事件性はなく、彼の健康と安全のためだったという。

カニエは北米をまわる「Saint Pablo Tour」ツアーの残りの公演をすべてキャンセルしたことを発表したばかり。キャンセルの理由はファッションデザイナーの仕事とコンサートの両立が大変だったからだと伝えられた。カニエは現地時間17日のコンサートで、今月行われた大統領選の投票には行かなかったが、ドナルド・トランプ氏に投票していただろうと明かしていたほか、現地時間19日にはステージに1時間半遅れて登場し、歌手のビヨンセとラッパーのジェイ・Zの夫婦を批判する発言をして、わずか30分で去って話題になっていた。