Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠11週頃の赤ちゃんとママの様子は? 気になる出産予定日も知りたい!

写真拡大

妊娠3カ月最後の週となる妊娠11週目は、徐々に体調が安定するきざしが見えてくる頃です。 赤ちゃんやママの身体はどんな様子でしょうか。また、妊婦健診でも出産予定日やその他のこともわかり始めます。 そんな妊娠11週目についてまとめました。

要チェック項目

□この頃の赤ちゃんは約20gくらいですが、身体の臓器がほぼ出来上がってきます □ママのおなかは少しづつふっくらし始めますが、同時に貧血などのトラブルも □妊婦健診では出産予定日がわかったり、前置胎盤の疑いがわかることも

妊娠11週の頃の胎児の様子

妊娠3カ月の最後の週になる11週。この頃の胎児の様子はどんな感じでしょうか。

赤ちゃんの身体

大きさは約90mm、体重は約20gくらい。 エコー検査で人型の赤ちゃんが見えるでしょう。羊水の中で手足や身体を動かしている様子も見えるかもしれません。まるで歩いているかのような動きをすることも。これは原始歩行と呼ばれる反射行動の一つです。

臓器ができ上がてくる

心臓や脳、肺、胃、腸、肝臓、生殖器などの主要な臓器はこの頃よりも前にある程度出来上がってきましたが、この頃にはすい臓や胆のう、甲状腺などその他の器官も出来上がってきます。 また、泌尿器も発達してくるので、尿の排泄も始まります。

妊娠11週のママの様子

つわりが徐々に落ち着いてくる人もいれば、まだまだ真っ盛りのつらい思いをしているママも多い頃です。身体の方にもさまざまな症状が現れることも。

おなかの大きさ

この頃の子宮の大きさは、握りこぶしよりも大きいくらいになっています。おなかのふくらみは個人差が大きいですが、少しずつふっくらしてきたことを感じられるようになります。

貧血を起こしやすくなる

子宮に流れる血液が増えることで、脳に血液が回らず、脳貧血を起こしてしまうママが多いころです。立ちくらみやめまいが起こりやすくなります。

腰痛や腹痛などさまざまな症状が

赤ちゃんがどんどん大きくなって子宮が大きくなって来たり、ホルモンが変化したりすることで、妊婦の身体にも様々な症状が出てくることがあります。 例えば… ・腰痛 ・腹痛 ・お尻や脚の付け根の痛み、筋肉痛など ・便秘 ・乳首が黒ずんでくる 人によって症状はさまざまですが、つらい場合には遠慮なく病院で相談しましょう。

妊婦健診

病院にもよりますが、この頃からはこれまで2週間ごとだった妊婦健診が、経過が順調なら4週間ごとになることが多いです。 健診の期間が開くと少し不安かもしれませんが、順調な証拠です。ただしまだ安定期には入っていませんし、早期流産の可能性がなくなったわけではありません。 無理はせず過ごしましょう。なにかおかしいと思うことがあったら、次の健診を待たずに受診しましょう。

妊娠11週に気を付けること

早期流産の可能性

この頃はまだ早期流産の起こりやすい時期です。この頃の流産は赤ちゃんの方に問題があることがほとんどですが、無理を避け、身体を大事にしましょう。

血液検査を受けましょう

この頃の妊婦健診では血液検査が行われることが多いです。抗体の有無や重大な母子感染を防ぐための必要な検査です。きちんと受けるようにしましょう。 病院や住んでいる地域にもよりますが、検査費用が高額になる場合もあります。自治体によっては検査費用の補助券があります。

つわりが終わったら体重管理に注意

人にもよりますが、この頃につわりが終わってきた場合は食欲が増してきます。これまで食べられなかった分も食べたくなってしまいますが、体重管理には気を付けましょう。 一気に体重が増えてしまうと、病気の可能性も高くなり、妊娠中の経過にも影響する場合があります。

妊娠11週頃に前置胎盤と言われた場合

この頃には胎盤もほぼ出来上がってきている頃です。超音波検査で詳細な検査が可能になった現代では、早い週数から前置胎盤(ぜんちたいばん)などが分かるようになってきました。 ですから、場合によってはこの頃の健診で医師から前置胎盤気味だと言われることもあるようです。

前置胎盤とは

前置胎盤とは、胎盤の位置が通常よりも下に形成されてしまうため、子宮口を胎盤がふさいでしまうことです。大量出血などが起こりやすく、経過の観察には注意が必要です。また出産は帝王切開になる事が多いようです。

前置胎盤と言われた場合

ただし妊娠11週はまだ子宮が小さいので、前置胎盤気味になりやすいようです。多くの場合はその後子宮が大きくなるのともに胎盤も上に上がっていくと言われています。 病院によっては、前置胎盤の診断をするのはもっと週数が進んで、妊娠中期以降からということもあります。出血などがなく経過が順調なようなら、過剰に心配はしなくてもいいでしょう。 ですが、前置胎盤の場合には大量出血が起こりやすいのも事実ですので、急な大量出血などが見られた場合にはすぐに病院を受診しましょう。

妊娠11週頃までには出産予定日が決まるでしょう

この頃のエコー検査では赤ちゃんの頭からお尻までの長さ、頭臀長(とうでんちょう/CRL)を測ります。 この頃の胎児の大きさには個体差が少ないことから、この頃の赤ちゃんの大きさを測ることでほぼ正確な妊娠週数が割り出せます。 ただし、±1週間程度のずれはありますが。そのため、出産予定日も決まってきます。早ければ妊娠8週くらいから、11週くらいまでの間には予定日が割り出せるでしょう。 また、病院にもよりますが、この頃くらいから妊婦健診の超音波検査は経腟エコーから経腹エコーに変わってくることが多いでしょう。おなかの上から赤ちゃんの姿が確認できるようになります。

妊娠11週は徐々に落ち着いてくる頃

妊娠初期のつわりや流産の心配などが徐々になくなってくる頃です。 身体も妊婦らしく変わり始めてきます。安定期まではあと1カ月ほどありますが、少しずつ体調が安定してきたように感じることもあるでしょう。 ですが、やっぱりまだ無理は禁物です。大事に過ごしてくださいね。 (監修:Doctors Me 医師)