22日、福島県沖を震源とする地震が発生、津波警報などが発令したことについて、聯合ニュースは、早朝の強い地震にも冷静に対応する日本人に注目、「明け方の強震・津波に秩序ある避難」との見出しで伝えた。写真はJR福島駅。

写真拡大

2016年11月22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.4の地震が発生、太平洋側沿岸などに津波警報・注意報が発令されたことについて、韓国メディアが一斉に伝えた。このうち聯合ニュースは、早朝の強い地震にも冷静に対応する日本人に注目、「明け方の強震・津波に秩序ある避難」との見出しで伝えている。

最大震度5弱の揺れを観測した福島県いわき市の市立錦東小学校は、付近の沿岸に津波警報が発令されると全校児童宛てに避難を指示する緊急メールを発信した。「児童たちの安全を最優先」(同校教師)に考えた措置だ。

同市漁業協同組合では、地震発生直後から保有漁船の所在確認を急いだ。組合の理事は「2011年3月の東日本大震災の経験があったので、冷静に対応している」と話した。

1メートル40センチの津波が観測された宮城県仙台港近くの東北電力新仙台火力発電所では全職員が建物の3階に避難、近くの工場でも夜勤の職員が退勤できないまま建物2階に避難した。

こうした各地での対処が伝えられる中、特に韓国で注目を浴びたのが、いわき市で津波被害を逃れるため避難する人たちの車列の写真だ。片側1車線の道路が海を背にライトをつけた車で渋滞している様子だが、これに韓国のネットユーザーは「見出しがなくてこの写真を見たら、津波警報が出て避難する車の写真だなんてとても思えない。本当に見事。目の前に命の危険が迫っているのに、反対車線を空けたままマナーを守るとは」と驚きをつづった。

また他にも、「学ぶべきことは学ぼう」「やっぱりすごい!」「こういう素早い対応は心底うらやましい」「学校で学ぶ一番大事なことは、外国人すら解けない英語の読解問題の解き方ではなく、まさにこういうことだよ」「日本の緊急時の対処能力はずば抜けていると思う」「先進国の日本らしいね。秩序に思いやり、冷静さまで!」「東洋唯一の先進国、認めます」など、日本の対応を称賛する声が多数寄せられている。

さらに、「韓国だったら信号無視で車が衝突、死傷者が大勢出るはず」「韓国でM7クラスの地震が起きたら国中がパニックだ」「正直、日本には追い付けない。韓国人なら自分だけは生き残ろうと勝手に先を急ぐはず」「日本がすごいわけじゃない。韓国が駄目なんだよ」「比べるとひどさが分かるから、他の国と比べた方がいいよ。日本は無理」と自虐めいたコメントも目立った。(翻訳・編集/吉金)