こんな格好で迫られたら中学生には刺激が強いかも/[c]2016「14の夜」製作委員会

写真拡大

中学生たちのはちきれんばかりの性への憧れを描いた“性春”映画『14の夜』(12月24日公開)に、清純派アイドルとして人気のSUPER☆GiRLSの浅川梨奈が出演。本作で驚きの変身を見せ、アイドルオタクたちに波紋を呼んでいる。

【写真を見る】清純派アイドルの浅川梨奈のヤンキー写真!/[c]2016「14の夜」製作委員会

昨年、水着グラビアに初めて挑戦すると“1000年に1度の童顔巨乳”として一躍話題を呼んだ浅川。アイドルオタクでも知られる彼女が田舎のヤンキー役に挑戦するというだけでも驚きなのに、“やれよっ!もめよっ!”なんて普段の彼女からは想像できないセリフを連発する熱演を披露する。

ヤンキー役というと、あまりお知り合いになりたくない…なんて感じだけど、彼女のように胸元の空いた服で無防備に前かがみになって誘惑されたら、思わずヤンキーでもいいかも?なんて思ってしまうかも。

ちなみに劇中で主人公たちが会ってみたいと暴走する原因となるAV女優の“よくしまる今日子”を演じるのは、恵比寿★マスカッツの元メンバーでもある沖田杏梨。彼女も105センチという爆乳の持ち主で、ビデオのパッケージを見て興奮する中学生たちの姿に納得してしまうはず。

レンタルビデオショップをはじめ、当時中学生だった40代男性にはノスタルジックに感じる部分も多い本作。当時を懐かしみつつも、ぜひ彼女らの“でけぇおっぱい”を凝視してほしい。【トライワークス】