SMAPの稲垣吾郎と外山恵理アナが本をテーマにトークする。初代アシスタント小島慶子は勝ち気さが前面に出ていたが、外山アナは長年ラジオで永六輔のお相手をしていただけあって、ちゃんと稲垣を立て、自分は出さずという控えめなところがいい。おまけに天然っぽいところもあり、稲垣吾郎との相性も良さそうだ。
毎週、1冊の課題図書が紹介され、その著者を招き、本の内容や著者についての疑問などを侃々諤々。課題図書になると本が売れるとか売れないとか・・・。作家にとっては本の宣伝ができる貴重な番組ということになる。今回の課題図書は「みうらじゅんと宮藤官九郎の世界全体会議」(集英社)だった。「ゆるキャラ」「マイブーム」の名づけ親のみうらじゅんと、「あまちゃん」の脚本家クドカンの共著だ。
「本読んでいて、声に出して笑ったの久々。とくに前半の下ネタ。下ネタ好きなのかな、僕。認めたくないんだけど」と稲垣はいう。こんなふうに稲垣がちゃんと自分の本音を語るのもこの番組の魅力である。みうらとクドカンに稲垣と外山も加わって、テレビで「全体会議」を開こうという流れだった。
「男女間で友情は成立する?」「お風呂で隠すか隠さないか?」といったテーマについてしゃべりまくる。ここでも稲垣は「男同士でも、親友でも、裸でお風呂に入れない」と言って驚かれていた。番組はあまりにオモシロ過ぎてこれで終わるのはもったいないと、来週の後半戦に続くことに。楽しみ!(放送2016年11月18日0時58分〜)

(白蘭)