(写真提供=SPORTS KOREA)JYJのジュンス

写真拡大

アイドルグループJYJのジュンスとBIGBANGのT.O.Pが、第348次義務警察広報団に合格し、2017年2月9日に入隊する。

二人は論山の陸軍訓練所にて4週間の基礎軍事訓練を受けたあと、T.O.Pはソウル地方警察庁の楽隊部門、ジュンスは京畿南部地方警察広報団に所属されるという。

ただ、芸能界で絶大な人気を誇る二人だけに、入隊するまでは相変わらず活発な活動を展開する予定だ。

ジュンスは、12月に韓国と日本でコンサートを開催。来年1月に開幕するミュージカル「デスノート」ではL役として舞台に立つ。

T.O.Pも12月12日にリリースされるBIGBANGのニューアルバム「MADE FULL ALBUM」で、入隊前最後の音楽活動を繰り広げる。来年の1月8、9日にはデビュー10周年記念コンサートも予定しており、ファンの期待も沸騰中。

ちなみにBIGBANGは、T.O.Pの入隊を皮切りにメンバーたちが次々と兵役を務める予定で、完全体としての活動はしばらく見納めになるかもしれない。

いずれにせよ、「義務警察同期」となるジュンスとT.O.Pの今後に、注目が集まる。

(関連記事:BIGBANGのT.O.Pが兵役のために受験した「義務警察」と「特技兵枠」とは?

(文=S-KOREA編集部)