「水引飾り付き 一升瓶ビールお正月特別バージョン」(2376円)

写真拡大

お正月にぴったり。水引飾り付きの一升瓶ビールが登場。

【写真を見る】シンプルなゴールド色のビールの<金>

サンクトガーレン有限会社は、「一升瓶ビール」に水引飾りを付けたお正月限定バージョンを12月1日(木)から販売する。

「一升瓶ビール」はその名の通り、一升瓶に入ったビール。年末年始など多くの人が集まる場面に最適の商品となっている。

地ビール会社が主に販売している330mlの小瓶サイズではなく、一升瓶になった理由は、「冠婚葬祭に欠かせないお酌が出来ないため、大瓶をつくってほしい」という意見から。“究極のお酌ビール”として考案され、2010年5月から販売している。

シンプルなゴールド色のビールの<金>と、コク深い黒ビールの<黒>の 2 種類。ラベルにはビールでは珍しい和紙風の紙を使用し、「感謝」の2文字が配されている。

“一升”と“一生”を掛け、「一升(一生)分の感謝を込めて」、「一升(一生)幸せになりますように」、「一升(一生)繁盛」などの願いを込め、お歳暮・父の日の贈答用のほかに、結婚式や開店祝、棟上げ式など様々な場面で使用することができる。

「水引飾り付き 一升瓶ビールお正月特別バージョン」(2376円)は、通常商品と値段は変わらず、水引を付けた華やかな一本。12月1日(木)から12月末までの期間限定で、ネットショップの他、サンクトガーレン取扱店でも販売する。

華やかな場面に打ってつけのビールで、来年のお正月に乾杯してみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】