映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』J・ギレンホール主演、全てを破壊して感情を探す再生の物語

写真拡大

映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』が、2017年2月18日(土)より新宿シネマカリテ他全国の劇場で上映される。

あらすじ『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

エリート銀行員としてなんの不自由もない日々を送っていた主人公デイヴィスが、妻を亡くしたことをきっかけに自分の気持ちと向き合い、苦悩し、葛藤する様を描くヒューマンドラマ。

“彼女のことを本当に愛していたのか?”哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づき、妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅まで身の回りのあらゆるものを破壊するディヴィス。破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは。

解放と狂気のダンスシーンもみどころ

デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)のダンスも見どころの1つ。人目を気にせず踊って踊って踊りまくるのだ。

あるきっかけで出会った少年・クリスから、70年代ブリティッシュ・ロックを代表するバンド「フリー(Free)」の「ミスター・ビッグ(Mr. Big)」をiPodに入れてもらう。すぐに曲を聞くと、車の上に上がって激しく踊り出す。なんと、彼は次の日の朝の出勤ラッシュも音漏れお構いなしで爆音鑑賞。曲が盛り上がるにつれ、テンションもピークに。駅のホームでも、路上でも、周囲はお構いなしに踊って踊って踊る!そして自由に飛び跳ねるのだ。

キャスト - ジェイク・ギレンホールが主演

主人公デイヴィス役を務めるのは、『ブロークバック・マウンテン』『ゾディアック』『サウスポー』など心のどころかに傷を抱えた男を演じて高く評価されてきた、ジェイク・ギレンホール。その確かな演技力で、自らの感情とうまく向き合あえず、妻を亡くしながら涙の一滴すら流せない哀しみと虚しさを演じ切っている。そして、そんな無感情になってしまった彼の心を溶かしていくシングルマザー役をナオミ・ワッツが演じる。

監督は『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』のジャン=マルク・ヴァレ。幸せを掴もうともがき苦しむ人間の美しさを、エモーションな映像や本質をつくような繊細な感情の描写で見事に表現した。

作品情報

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
原題:Demolition
公開日:2017年2月18日(土) 新宿シネマカリテ他全国の劇場で公開
監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』)
出演:ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー他

■ストーリー
ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか?僕の心はどこにいってしまったんだー?「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」という義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが…。

(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.


[写真付きで読む]映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』J・ギレンホール主演、全てを破壊して感情を探す再生の物語

外部サイト

  • 映画『ビニー/信じる男』マーティン・スコセッシ製作総指揮、マイルズ・テラーが伝説のボクサーに
  • 映画『メットガラ ドレスをまとった美術館』アナ・ウィンター主催ファッションイベントのドキュメンタリー
  • 映画『ムーンライト』傷を負いながらも強く生きる黒人少年、その成長を描く人間ドラマ - 賞レースを席巻