2連勝でグループB首位を走るスペインを、日本とナイジェリアが1勝1敗で追う形で迎えたU−20ワールドカップ予選グループ最終戦。決勝トーナメント進出を自力でつかみ取り、前試合の嫌なムードを消し去るには勝利しかない。

 すでに予選グループ敗退が決定しているカナダは、大量失点を避けるべく、アンカーを置いた4−1−4−1システムで自陣を固める。が、今の日本にとって相手の布陣は関係ない。先のスペイン戦で影を潜めてしまった日本スタイルを、自らの手で取り戻さなければならないのだ。

「最初の1本だよ!」。円陣を組んだ選手たちの表情が一段と引き締まる。同じ轍は二度と踏まない。決意みなぎるプレーは立ち上がりから随所に見られた。引いて守るカナダに対し、焦れることなく、確実にゴールに近づく日本は26分、CKの混戦から、クリアボールを長谷川唯(日テレ・ベレーザ)が決めて先制する。42分には籾木結花(日テレ・ベレーザ)が強烈なシュートを放ち、GKがたまらず弾いたボールを上野真実(愛媛FC)が決めて2点目。これで試合の流れを決定づけた。

 高倉麻子監督いわく、「(カナダの)パワーをまともに受けてしまうのが嫌だったので、最初に風下をとって、しっかり様子を見ながらゲームを進めたかった」という通常とは逆の発想で、有利とされる風上のポジションを後半に持ってきた日本。

 前半の流れを途切れさせなかったのは最年少・林穂之香(セレッソ大阪堺)のゴールだった。47分、籾木のクロスこぼれを上野がキープし、後ろへ流したところを林が鮮やかに決めた。初戦は右サイドハーフで途中出場。初のワールドカップの舞台と、慣れないポジションに戸惑った。

「次のチャンスではゴールに向かってシュートを放つ!」と誓った通りの林のゴールで、日本の攻撃はさらに加速していった。51分には籾木、上野とつなぎ、最後は長谷川がわずかなタッチから軌道を変えて技ありのゴール。73分には杉田妃和(ひな/INAC神戸)がトドメの一発を放って日本は5−0でカナダを下した。

 日本がイニシアチブを取れた要因のひとつは、一人ひとりのプレスの出足が速くなったこと。それに伴い失われていた連動性がよみがえり、攻守にわたって波及効果を広げていった。前後半に、1本ずつ見舞われたカナダのカウンターに対するDF陣の動きはその成果だ。ミス絡みのピンチにも複数枚でしのぐ。攻守双方において相手をはがしながらパスを受ける動きは、まさにこの3日間で再確認してきたプレーだった。

 そしてもうひとつは右サイドの活性化だ。ここまで左サイドはバックに北川ひかる(浦和レッズL)、ハーフに長谷川と固定メンバーで攻撃機会を量産してきた。比べて右サイドは大会直前に清水梨紗(日テレ・ベレーザ)がケガで出場を断念せざるを得なかったことで、初戦からメンバーが激しく入れ替わっていた。

 カナダ戦でチャンスをつかんだのが、バックの宮川麻都(あさと/日テレ・ベレーザ)と、ハーフの水谷有希(筑波大)だ。水谷は自ら持ち込んで力強いシュートを放ったかと思えば、ゴール前で待つトップ陣へ配球も行なう。プレスをものともせず、攻撃の狼煙(のろし)を上げる筆頭となった。

 そして最も目を引いたのは宮川だろう。ドリブルで仕掛けていく水谷を追い越してのビルドアップはタイミングが難しいところだが、その歪みを一切感じさせることなくバランスを取りながら攻撃参加していく。このあたりはハーフ、バック両方をこなせる宮川ならではのプレーだった。

 また、前線まで上がってクロスを上げた次の瞬間には、カウンター狙いのサイドアタッカーをケアするために全力で最終ラインに戻って食らいつく、持ち前の粘り強い守備も発揮していた。

 彼女が今大会掲げている目標は「ゴールに絡むプレーをすること」。もちろん前半のビルドアップは効果的で、これまでの試合で左サイドに傾きかけていた攻撃の比重を右サイドに引き戻した。

 だが、宮川本人が目指していたプレーを本当に体現できたのは、体力も限界に近づく73分、杉田のゴールを引き出したアシストだった。宮川は右サイドを駆け上がると、一気にゴールエリア内まで切り込んで中へ折り返した。長谷川を飛ばして、杉田が合わせたゴールは、ギリギリまで切り込んでいった宮川のプレーなくしては生まれなかった。

 今大会初出場となった宮川と、長谷川、杉田らが見せたコンビネーションプレーのように、誰が出場しても、瞬時に攻撃バリエーションが生まれるのがこのチームの強みだ。この試合で右サイドが活性化した前半と、左サイドが動き出した後半のように、左右両サイドを自在にハンドリングできるようになれば、またひとつ日本の攻撃に厚みが加わる。

 この試合は、勝利が義務づけられ、得失点も頭に入れながらの最終戦だったことに加え、自分たちの未熟さが露呈したスペイン戦で失いかけた自信を取り戻すには、内容を伴った勝利でなければならなかった。限られたスペースの中でボールを動かせば、相手に引っかかる確率も上がる。それを差し引いてもラストパスの精度はまだ不完全であり、ケアレスミスも多かった。

 しかし、それも十分に修正できる範囲内であり、厳しい状況での一戦であったことを考えれば、ここからの伸びしろと捉えたい。

 スペインがナイジェリアに負けたことで順位が入れ替わり、日本は当初のもくろみ通り1位通過で決勝トーナメント進出を決めた。いよいよここからは、負ければ終わるノックアウト方式。中3日で迎える準々決勝の相手はグループAを2位で通過したブラジルだ。暑さを回避できる19時30分キックオフという利点を生かし、大会中に進化した日本のプレーを見せてほしい。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko