写真提供:マイナビニュース

写真拡大

鉄飛テクノロジーは11月21日、ファイルサーバ検索・文書共有システム向けパッケージソフトウェアの最新版「FileBlog 3.7」の提供を開始した。

FileBlogは、ファイルサーバ環境にアドオンするだけで、ファイルの全文検索やページプレビューの閲覧ができるパッケージソフトウェア。一般的な文書管理ツールを導入する際に生じる、ファイルの再整理や分類などの作業は不要で、Windowsそのままの操作性で高いレベルの検索とファイル操作を実現できるという。

今回提供する最新版では、既存のファイルサーバを活用して低コストの図版管理システムや契約書管理システム、マニュアル管理システムが構築できるように、プレビューおよびファイル内検索を中心に機能強化を行った。

プレビュー機能では、これまでJPEG画像で表示していた方式をPDF方式に変更。JPEG画像のプレビュー表示では、解像度の不足により、部品や製図などの精細な図面や大きな表、文字の細かいカタログなどの判読が困難な場合があったが、自由に拡大縮小できるPDFを変更することで、精細な図版や細かい文字を拡大して表示できる。

また、プレビュー画面で検索キーワードをハイライト表示する機能も新搭載。取扱説明書や仕様書などファイル内のページ数が多いマニュアル類を検索した際でも、検索したキーワードが文書内のどこにあるのかがすぐに分かるため、欲しい情報を探し出す時間を大幅に短縮できる。

Microsoft Wordの見出しスタイルを使って作成したファイルであれば、ページにジャンプできる目次をプレビュー画面に自動生成できる機能も追加されている。

FileBlogの価格(税別)は、利用するユーザー数と上限文書数の組み合わせで決定するが、30ユーザー/20万文書の売り切りタイプでは、ライセンス料金が17万1000円、保守料金が年間2万8500円となる。

(山本明日美)