写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECソリューションイノベータは11月21日、OneLoginとの販売パートナー契約締結を発表した。同締結により、企業内システムやクラウドサービスのIDを一元管理するIDaaSソリューション「OneLogin」の販売および導入支援を同日より開始した。

OneLoginは、企業内システムや複数のクラウドサービスをまたぐID管理機能に加え、クラウドサービスの不正利用を防止する多様な認証機能により、シンプルなID管理とセキュリティの向上を支援する、SaaS型のID&アクセスマネジメント(IAM)基盤。同ソリューションは、企業におけるクラウドサービスを含めたID管理を統合的に行い、複数のクラウドサービスへのシングルサインオンを実現することで、管理者の負担軽減だけでなく、利用者の利便性向上にも貢献する。また、監査機能などを用いることで、サービス利用時の不正利用を防止し、セキュリティレベル向上を実現する。

同社では、OneLoginの提供に加えて、OneLoginとAWSを組み合わせた、クラウドソリューションを提供。具体的には、AWSの各種ディレクトリサービス(MS AD or AD on EC2)とOneLoginの連携設定、AWSの仮想デスクトップサービス(Amazon Workspaces)と「OneLogin」の連携設定、ドメインを持たない企業向けに、AWSのクラウドドメインネームシステム(DNS)Webサービス(Amazon Route 53)を利用して、Office365またはGoogle Apps用のDNSサーバを構築などを行う。

提供価格(税別)は、最小限の機能を提供するStarterが月額250円、基本的な機能が使えるEnterpriseが月額500円、クラウドサービスのアカウント管理までサポートするUltimateが月額850円となる。

(山本明日美)