ブラディ・コーベット監督

写真拡大

昨年のヴェネチア映画祭を騒然とさせた『シークレット・オブ・モンスター』が11月25日(金)に日本でも公開。ヒトラーの少年時代を連想させる、幼い“モンスター”を描く衝撃作を監督したのは、『ファニーゲーム U.S.A.』や『メランコリア』などで俳優として活躍していたブラディ・コーベット。初の長編監督作にかけた思いを彼が語った。

その他の画像

「7歳から20年以上も俳優を続け、10代では脚本のゴーストライターもやっていた。編集の経験もあるし、僕はカメラの前に立つより、製作の工程が好きだと実感したんだ。何より、オーディションを受けて仕事をもらうより、自分で仕事をコントロールしたかった」と、監督に進出した理由を打ち明けるコーベット。かつての出演作で観たときよりも、ふっくらとした外見と、穏やかな表情から、精神的な充実感が伝わってくる。

『シークレット・オブ・モンスター』では「暴君の誕生」を描いているが「これは説教くさい作品ではないし、独裁者がなぜ生まれるのかも描いていない。問題は、周囲が誰かに権力を与えてしまう危険性だ。ドナルド・トランプのようにね」と、コーベットは現在の社会状況への皮肉ももらす。「キャスティングディレクターが、公園でサッカーをしていた少女のような少年を見つけてくれた」という演技初挑戦のトム・スウィート(現在11歳)に、監督として「大人と同じ情報を与えて演出した」結果、強烈なインパクトを放つ少年がスクリーンに立ち現れることになった。

次回作『Vox Lux(原題)』でも野心的なアイデアを進めるコーベット。「65mmフィルムで撮影し、70mmで上映する作品になる。65mmで撮影された映画は少ないので、さまざまな実験ができると思うな。13〜14歳の少女がポップスターへと成り上がっていく物語」には、ルーニー・マーラ、ジュード・ロウらが出演予定なので、『シークレット…』とは違ってエンタメ要素も多くなるはず。現在28歳のコーベット。俳優から監督への転身の、見事な成功例になりそうだ。

『シークレット・オブ・モンスター』
11月25日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

取材・文:斉藤博昭