エミリア・クラーク 写真:AP/アフロ

写真拡大

 「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描くスピンオフ映画に、エミリア・クラーク(「ゲーム・オブ・スローンズ」「ターミネーター:新起動 ジェニシス」)が出演することを、「スター・ウォーズ」公式サイトが発表した。

 タイトル未定の同作は、「ヘイル、シーザー!」の新鋭オールデン・エアエンライクがハン・ソロ役で主演し、チューバッカも登場。「オデッセイ」のドナルド・グローバーが、ハン・ソロの親友ランド・カルリジアン役を演じることが決定している。詐欺やギャンブルに明け暮れていた時代のハン・ソロとランド・カルリジアンが描かれるようだ。

 米ハリウッド・レポーターによれば、これまでにテッサ・トンプソン、ゾーイ・クラビッツ、ナオミ・スコット、エイドイア・アージョナが出演に向けてオーディションを受けたとのこと。彼女たちがテストを受けた役柄をクラークが演じるのか、別の役柄なのか、詳細は明らかになっていない。監督は、「LEGO(R) ムービー」のクリストファー・ミラー&フィル・ロードが務め、2018年5月25日に全米公開の予定。