名優ふたりが共演 Photo by Paul Archuleta/FilmMagic/Getty Images、
Photo by Robin Marchant/Getty Images for Academy of Motion Picture Arts and Sciences

写真拡大

 米作家アーネスト・ヘミングウェイの1950年の小説「河を渡って木立の中へ」を、「007 ゴールデンアイ」のマーティン・キャンベル監督と主演ピアース・ブロスナンのコンビで映画化する新作に、イザベラ・ロッセリーニとマリア・バルベルデ(「エクソダス:神と王」)が参加することがわかった。

 「河を渡って木立の中へ」(原題:「Across the River and Into the Trees」)は、第2次世界大戦直後のイタリアを舞台に、不治の心疾患を患う50歳の米軍将校と、18歳のイタリア貴族の娘の関係を描く。米ハリウッド・レポーターによれば、ブロスナンが将校、バルベルデが貴族の娘、ロッセリーニがその母を演じる。

 脚本を「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォードと英劇作家ピーター・フラナリーが手がけた。来年1月、伊ベネチアとトリエステでの撮影を予定している。