tv_20161122120746.jpg

写真拡大

けさ22日(2016年11月)午前5時59分に福島県沖を震源とするマグニチュード7・4、最大震度5弱の地震が発生、津波も起きて、「モーニングショー」は速報態勢に入った。

放送開始5分後に始まった気象庁の会見では、真っ先に津波への警戒が呼びかけられた。福島県沿岸に津波警報、青森から伊豆諸島までの太平洋沿岸に注意報が出され、担当者は「海から離れて」と繰り返した。7時半ごろに福島県相馬市で90センチの津波が観測され、津波の観察報告が刻々と入る。

司会の羽鳥慎一「マグニチュードが当初発表の7・3から訂正されました。危険度が増しているということですか」

山本孝二・元気象庁長官がスタジオに到着し、「90センチも1・5メートルも、3メートルも津波のエネルギーは変わりません。子どもならさらわれるし、構造物は壊されます。ものすごいと思ってもらいたい」「見に行ってもなんの得もありません。専門家も海に近づきません」と警鐘を鳴らす。

福島放送のスタジオを呼び出すと、白ヘルメットの女性アナが「引き続き避難を続けてください」と呼びかけている。「いまも少し揺れています。浜通りで震度3です」と余震を報告した。

熊本、鳥取、そして再び福島・・・原発依存で大丈夫なのか

地震で心配されるのが東京電力の福島第1、第2原発だ。第1原発には午前6時38分に、第2原発には6時34分に津波の第一波が到達した。第2原発は3号機の核燃料プールの冷却装置が自動停止し、水温が1時間で0・2度上がった。点検後の7時47分にポンプが復旧し、燃料に異常はなかったという。第1原発でも手動でラインの一部を止めた。

東京電力は「温度上昇は想定内」だとして、「環境モニタリング調査も影響なかった」という。東北電力の女川原発、新潟県の東電・柏崎刈羽原発、東海村の原発関連施設にも異常はなかった。福島放送も「第1、第2原発とも1メートルの津波がきましたが、周辺にある放射線のモニタリングポストに大きな変化はありませんでした」と伝えた。菅官房長官は7時半過ぎに記者会見を開き「原発に漏れはないとの報告を受けた」と強調した。しかし、不安は消えない。

青木理(ジャーナリスト)「今年は熊本、鳥取と地震があり、今度はまた東北です。ゾッとした人は多いはずで、エネルギーのあり方を考えないといけない」

玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「いまの態勢で大丈夫か考える必要があります」

各原発とも想定内ということだが、自然災害は想定外で起きる。