アメリカン・ミュージック・アワードのレッドカーペットに登場したナイル・ホーラン (c)Imagecollect.

写真拡大

イギリスの人気グループ「ワン・ダイレクション」のナイル・ホーランが、現地時間20日に行われたアメリカン・ミュージック・アワード(AMA)で元メンバーのゼイン・マリクに握手をしていたことが分かった。

ゼインは昨年3月に「ワン・ダイレクション」を突然脱退し、ソロ活動をスタート。「ワン・ダイレクション」は昨年末から活動休止し、ナイルは今年9月にファーストソロシングル「This Town」をリリースしている。

そして、そんなナイルとゼインがアメリカン・ミュージック・アワードで再会することに。ナイルは座っているゼインの前を横切る時に握手をしに行っていたことが分かった。会場にいたファンがその様子を録画していて、ツイッターに「ナイルとゼインの握手のビデオよ。ゼインは衝撃を受けていたわ。私も衝撃を受けたの」と投稿している。握手は一瞬でぎこちなかったようだが、このファンによると、ナイルが「Hey bro!(やぁ、ブラザー)」と声をかけ、ゼインが「You alright?(大丈夫かい)」と返していたそうだ。

ナイルは授賞式のレッドカーペットで、ゴシップサイト「ETオンライン」にゼインと再会することについて、「数か月とかそれくらい彼と話していないし、長い間会っていないよ。彼に会うのがたのしみだね」と話していた。

ナイルは授賞式で「This Town」を披露し、ゼインはニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞していた。