孫正義氏が提案する空前のプロジェクトとは

写真拡大

 2016年末のプーチン大統領の訪日を控え、北方領土交渉をめぐり、ある大物キーマンが浮上した。北方領土の見返りとしてロシア側がこだわっている事業が、日露両国に加え、中国・韓国の4か国を繋ぐ電力網構想だ。

 ロシア側の関心の強さは、去る9月3日にウラジオストクで開催された国際間投資を活発化するための国際会議「東方経済フォーラム」における、プーチン大統領のスピーチにはっきり現われている。

「ロシア、日本、韓国、中国を結ぶエネルギー網構築に対する各国企業のイニシアチブを支持する。そのパートナーたちにロシアは競争力を持った電力料金を提示し、長期にわたってその金額を固定化する用意がある」

 安倍晋三・首相や韓国の朴槿恵・大統領らを前にそう述べたことで、「ロシアはこの電力網構想を最大の投資案件と考えている」(経産省中堅)と受け止められた。では、プーチン氏はなぜそのアイデアを領土交渉の条件として提示したのか──。それを解く資料を本誌は入手した。資料はA4判で15枚。すべて英語で、1枚目には東アジアの地図とともに「Asia Super Grid Concept(アジアスーパーグリッド構想)」と書かれている。

 これがプーチン氏の電力網構想の下地となるプロジェクトの名前だ。作成者は「ソフトバンクグループ」、4枚目には同グループの孫正義社長と、ロシア最大の送電会社「ロスセーチー」のブダルギン社長の顔写真が載っている。

 実はプーチン氏にとって、孫氏のプロジェクトは渡りに船だった。ロシアは経済的に苦境に立たされている。

 2014年、ウクライナ領土のクリミア侵攻を機に米国、EU、日本も含めた国際的な経済制裁を敷かれて海外からの投資が細り、原油安が経済悪化に追い討ちをかけた。日露交渉で安倍首相が提案した「ロシアの平均寿命の伸長」、「清潔な都市造り」といった8項目の協力提案では、とても領土と引き換えにはできない。

 そこに孫氏が持ち込んだのはケタ違いのプランだ。単なる極東開発にとどまらず、ロシア極東・シベリア地域の有り余る水力による低コストな電力を海底ケーブルを敷設して日本ばかりか中国、韓国にも売る。ロシアにとって極めて魅力的なビジネスだった。資金の裏付けもある。

「サハリンから北海道を通り東京湾に繋げるガスパイプラインの総事業費は、6000億円ともいわれる。孫氏のプランは海中ケーブルの距離が長いため、これより高くなる可能性はあるが、英国の半導体企業を“たかが3兆円”と豪語し買収した孫氏にとって出せない額ではない」(経産省幹部)

 あとはこれを日本政府が同意すれば進む。プーチン氏が9月のウラジオ演説で、「ロシアは競争力を持った電力料金を提示し、長期にわたってその金額を固定化する用意がある」と語ったのは、日本に“領土を返してほしければ、電力を買え”と注文を付けたと同義で、孫ペーパーが日露の領土交渉に大きな影響を与えたといえるだろう。

 孫氏のブレーンでソフトバンク社長室長を務めた嶋聡・多摩大学客員教授が語る。

「孫さんは6月だけでなく、これまでプーチン大統領と複数回会談している。今年初めにも会っていたはず。ロシアはシベリア開発という課題を抱えており、その開発資金を日本へのエネルギー輸出で調達する考えがあるから、孫さんとは思惑が一致していた。

 現在、領土交渉にからんで日露の経済協力が重要なテーマになり、日本政府もロシアの提案を無視できなくなった。孫さんという1人の民間人がやってきたことが、2国間のテーマになった」

◆米国の“間隙”を縫った

 これまで安倍首相がロシアを訪問する際には日本の財界をあげて、大規模な経済ミッションを組んで同行した。しかし現在、企業経営者の多くは、ロシアへの投資に尻込みしている現実がある。

「ロシアへの投資には米国が目を光らせており、経済制裁破りと見られて厳しいペナルティを科せられる危険が大きい。日本の企業も銀行も恐くて事業参加に踏み切れない」(メガバンク関係者)からだ。

 また安倍政権の原発再稼働政策を財界も支持している手前、ロシアの自然エネルギーに投資することにも躊躇がある。そうした中、孫氏は米国の大統領選挙で“監視”が緩んだ間隙を縫って、経済制裁下にあるロシアに単身乗り込み、独裁的な権力を握るプーチン大統領に“直談判”した。空前の国際プロジェクトの絵を描いてみせ、いまや北方領土返還のキーマンになった。

 その行動は「海賊」と呼ばれたあの人物を思わせる。60有余年前、出光石油の創立者・出光佐三氏は、英国の経済制裁で石油メジャーさえ手を出せずにいたイランにひそかにタンカーを送り、原油を買い付けて日本に運ぶという荒技で世界をあっと言わせた。

「地球のどこかで太陽は輝き、風は吹き、水は流れる。2020年の東京五輪のとき、(4か国の)ゴールデンリングの電力で電気のトーチがつながればいいと思っています」

 孫氏は、今年9月に開かれた日本の自然エネルギー財団の記念シンポジウムで、満を持して東京五輪までの構想実現をぶち上げた。

※週刊ポスト2016年12月2日号