写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京大学(東大)は11月21日、高齢な健常者に微弱なノイズ電流を加えたところ、刺激を停止した後も数時間にわたり身体のバランスが安定化するという新しい現象をとらえたと発表した。

同成果は、東京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・聴覚音声外科 藤本千里助教、同大学院医学系研究科外科学専攻感覚・運動機能講座耳鼻咽喉科学分野 岩粼真一 准教授、山岨達也教授らの研究グループによるもので、11月21日付けの英国科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

内耳に存在する前庭器官は身体のバランスを保つのに重要な役割を果たしており、前庭の働きが悪くなると身体のバランスが悪くなることが知られているが、高齢者の前庭障害は、従来の治療では改善しないことが多く、現時点で有効な治療法はない。

同研究グループはこれまでに、耳の後ろに装着した電極より微弱なノイズ電流を加える「経皮的ノイズ前庭電気刺激(nGVS)」により、健常者と両側前庭障害を有する患者において、身体のバランスが改善することを明らかにしていた。ただしこれは、30秒間の刺激中の改善が示されたのみで、長期的な改善の有無については明らかでなかった。

今回の研究では、64〜70歳の高齢健常者30名を対象とし、痛みや不快感が生じない程度の微弱なnGVSの長期刺激(30分間刺激と3時間刺激)によるバランスの改善効果について、前向き自主臨床試験による検討を実施。重心動揺検査を用い、目を閉した状態で身体のバランス機能を評価した。

この結果、30分刺激においても3時間刺激においても、刺激終了後数時間にわたり、バランスの改善効果が持続することが明らかになった。さらに、30分刺激を4時間の間隔をあけて反復することにより、刺激終了後の改善効果が強まる傾向が見られ、改善効果の持続時間においても1回目の刺激に比べ延長することがわかった。

同研究グループは今後、nGVSの両側の前庭障害を有する患者に対する長期的なバランス改善効果を証明する試験を行っていくとしており、その効果が証明できれば、nGVSが両側前庭障害によるバランス障害に対する、科学的信頼性の高い治療法となるものと期待される。

(周藤瞳美)