ホリー・ハンター

写真拡大

刑事ドラマ『女捜査官グレイス 〜天使の保護観察中』で主役を演じ、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも出演していたホリー・ハンター。映画とドラマ界を股にかけて活躍する彼女が、米HBOの新作ファミリードラマに出演決定したことが明らかとなった。米Hollywood Reporterなどが報じている。

ホリーが出演するタイトル未定のドラマは、『トゥルーブラッド』でクリエイターを務めたアラン・ボールが手掛ける作品。哲学教授の夫グレッグと心理学者の妻オードリーは、実子に加えてソマリアとベトナム、コロンビアから3人の子どもを養子に迎え、現代的な多民族の家族を築いている。一見したところ完璧そうな一家だが、子どもの一人が、他の人には見えないはずのものが見えるようになり、問題が巻き起こる...というストーリー。

現代のアメリカにおける問題に焦点を当てた本作で、ホリーはオードリー役を演じる。頭が良く心優しいオードリーだが、成長した子ども達と鬱を患う夫との生活で、自分を見失いつつあるという役どころだ。

ボールがHBOとタッグを組むのは5作目となり、今までに『トゥルーブラッド』のほか、『Banshee/バンシー』と『シックス・フィート・アンダー』、2017年に放送を予定しているTV映画『The Immortal Life of Henrietta Lacks(原題)』を手掛けている。

ホリーがTVシリーズにカムバックするのは、2010年に『女捜査官グレイス』が幕を閉じて以来、初めてのこととなる。(海外ドラマNAVI)