マシ・オカ

写真拡大

大ヒットドラマ『HEROES/ヒーローズ』のヒロ役でブレイクし、日系俳優としては全米ナンバー1知名度を誇るマシ・オカが、レギュラー出演している米CBSの大人気シリーズ『HAWAII FIVE-0』を降板することが分かった。米TV Lineが報じている。

(※本記事は、同シリーズのネタバレを含みますのでご注意ください)

シーズン1でのゲスト出演を経て、シーズン2からレギュラー出演しているマシ・オカは、主人公スティーヴ・マクギャレット(アレックス・オローリン)や、ダノことダニー・ウィリアムズ(スコット・カーン)らの捜査を手伝う検視官マックス・バーグマンを演じている。

マシ・オカは米Entertainment Weeklyの取材で、「マックスは大きな旅に出るときじゃないかと考えたんだ。僕は、マックスは彼にできる以上のことをしてきたんじゃないかなと思うんだ」と、マックスの物語はすでに語りつくしたと感じていることを明かした。また、ロサンゼルスや日本を拠点に活動しているマシ・オカにとって、本作の撮影地であるハワイに通うことの大変さも降板の理由の一つのようで、「ハワイに通うなんてことをするのはおそらく僕だけだろうね。年に18回くらい通っていたよ」と、その苦労を語った。

彼の最後の登場は、現在放送中のシーズン7の第13話。マックスは新妻サブリナ(ルーマー・ウィリス)とともにアフリカに移住するという設定になるようだ。

そんな彼に代わって、ルー・ダイアモンド・フィリップス(『NUMB3RS ナンバーズ 〜天才数学者の事件ファイル』)がゲスト出演することも明らかになった。ルーが演じるのは、お節介でまじめな性格で、連邦保安官の特殊部隊(SOG)を率いるリンカーンというキャラクター。マシ・オカが去った後の第14話に登場する。

『HAWAII FIVE-0』シーズン7は米CBSにて毎週金曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)