写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優・山崎賢人と広瀬アリスが映画『氷菓』(2017年公開)でW主演をつとめることが22日、わかった。

同作は小説家・米澤穂信のデビュー作を実写化。シリーズ累計は205万部を突破し、コミックス、アニメなどのメディアミックス化も行われている。"省エネ主義"の高校一年生・折木奉太郎(山崎)が、姉の命令で入部した古典部で出会った美少女・千反田える(広瀬)と学園の謎を解き明かしていく。

山崎は「とても素敵な作品なので参加できて嬉しいです」と喜びを表した。「無駄なことが嫌いな省エネ主義者」という設定に、山崎は「感情や動きに無駄が無いように気をつけました」と役作りを語った。

また、広瀬は「アニメや漫画で有名な作品で聞いたことはありました」と、オファー時の印象を語る。改めて原作に触れた広瀬は「簡単な謎解きではなくもっと複雑で読む手が止まらなかったです」と楽しんだ様子を見せつつ「クランクインする前に何度も何度もリハを重ねて、監督とも、"千反田える"という女の子について話し合いました」と、綿密な役作りについて明かした。

作中の舞台となり、ファンからは"聖地"と呼ばれている飛騨高山でも撮影を行った。広瀬は「実際に描かれている場所だからこそ出せる雰囲気もしっかりとありました」と振り返った。

原作の米澤は、完成した作品について「若い頃に書いたものですから、台詞のひとつひとつに照れてしまい、ややいたたまれない気にもなりました」と率直に心情を吐露した。さらに「本題たる三十三年前の謎に入ると演出の一層の冴えに引き込まれ、我知らず見入って、『氷菓』とはなるほどこういう話であったかと深く感じ入りました」と称賛をおくった。

原作を読んだときから実写化を考えていたというKADOKAWA 小林剛プロデューサーは「"集団に押しつぶされる個"という、まさしく現代の日本社会にこそ突きつけたいテーマが内包されている」とコメント。「脚本段階から米澤さんとのやりとりを繰り返した」と、原作を大事にした作品作りの経緯を明かした。

(C)2017「氷菓」製作委員会