吉田羊主演の「レディ・ダ・ヴィンチの診断」。たんぽぽ・白鳥久美子のフィーチャー回は、11月22日(火)放送の第7話/(C)カンテレ

写真拡大

11月22日(火)放送の「レディ・ダ・ヴィンチの診断」(夜9:00-9:54、フジテレビ系)第7話では、たんぽぽの白鳥久美子演じる救命救急医・里見藍が、イケメンの患者に恋をする。

【写真を見る】志帆(吉田羊)は、藍(白鳥久美子)の恋の病も診断する!?/(C)カンテレ

街中で突然倒れたイケメン男性・神田光一郎(田中幸太朗)を処置することになった藍は、緊張のあまり医療ミスをして検査を延期させてしまう。ミスを取り戻そうと藍は治療に集中するが、治療すればするほど症状は悪化。そんな中、藍は神田から「先生のことが好きです」と告白され、ひそかに恋心を抱く神田を救おうと原因救命に必死になる。

一方、志帆(吉田羊)の子どもがすでに亡くなっているという衝撃の事実を知った雪野(相武紗季)は、ますます志帆のことが気になり、新たな行動に出る…というのが第7話のストーリーだ。

自身のフィーチャー回について白鳥は「男性には興味がなく、仕事一筋っていうのが、藍だと思ってました。あのメガネと髪形は絶対にそうでしょ(笑)。

そんな藍が築きあげてきた意地とかプライドとかが一気に崩れたとき、『そっと自分の側に残っている物って、本物なのかもしれない』とふと思った第7話でした。汚ったない顔して、荒地を駆け巡るブス、あ、間違えた(笑)。これまでとはちょっと違う一面を見せる藍を応援していただけるとうれしいです!」とコメントしている。

さらに、第7話の終了後には番組から視聴者へのプレゼント企画も始動。放送終了後から22日(火)深夜0時までに放送内容に関するクイズに答えて応募すると、出演者の直筆サイン入りボードを抽選で各1名にプレゼントされる。プレゼントへの応募は、ドラマ公式HP、ドラマ公式LINE、ドラマ公式Facebook、ドラマ公式TwitterなどのSNSから、カンテレ無料ファンクラブ会員ページ経由で申し込むことができる。

プレゼント企画第1弾では、新田雪野役の相武紗季、里見藍役の白鳥久美子、高杉祐樹役の小林且弥のサイン入りボードが抽選で進呈される。