職場で「孤独なのは自分ぐらいだ」と思いながら、日々の仕事に邁進していませんか?

写真拡大

「職場で孤立しているような気がする」
「誰も理解してくれず孤独を感じる」
「孤独なあまり仕事が手につかない」

 皆さんは、そんな気持ちになったことはありませんか?

「孤立」と「孤独」──。職場で「孤立」してしまうと、「裸の王様」になってしまい、仕事がうまく進まなくなっていきますが、「孤独」を感じながら仕事をすることは、ある意味、「リーダーの宿命」とも言えます。

 なぜなら、ポジションが上がれば上がるほど、孤独になっていくものだからです。秘書も同様に、上司が昇進すればするほど、孤独になっていく運命共同体です。

 一流のリーダーは、「孤独」を唯一無二の親友のように受け入れ、「孤独」を愛しています。

「孤独」と
どう向き合うか?

「孤独」とどう向き合うか。これは、部下を持つリーダーであれば、きっと一度は考えたことがあるテーマではないでしょうか。

 職場で「こんなに孤独な人を見たことがない」と思えるほど、深い孤独感を持って仕事をしている人を見かけたことはありませんか?

 もしかしたら、ビジネスエリートの皆さんご自身が、「こんなに孤独なのは自分ぐらいだ」と思いながら、日々仕事に邁進していらっしゃるかもしれませんね。

 ここで、社内で重要な案件に関して意思決定をする場合を考えてみましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)