20日、中国のポータルサイト・今日頭条は1973年製造のホンダのバイクを紹介する動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年11月20日、中国のポータルサイト・今日頭条は1973年製造のホンダのバイクを紹介する動画記事を掲載した。

動画では、西洋人が1973年製造というホンダのバイクのエンジンをかけ、乗り回す様子が映っているが、40年以上前に製造されたとは思えないほど保存状態がよく、心地よいエンジン音を奏でている。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「もはや芸術品だ」
「このバイクは今でも全然見劣りしない」
「見れば見るほど味わいのあるバイクだな」

「日本製は信頼できる」
「やっぱり買うなら日本車だな」
「この技術は今でも追い付けない」

「中国は100年かけても日本には追い付けないと思う」
「300年かけても中国はこのようなバイクを造れない」

「日本人は好きではないが、日本人には敬服せざるを得ない」
「1973年当時、うちには自転車すらなかった」

「このエンジン音はまさにホンダ独特の音だ」
「中国のバイクは2年乗ると大規模な修理が必要」

「1996年に買ったホンダのスクーターを今でも乗っているが、中国製よりずっといい」
「俺と同い年じゃないか。見た感じはまだまだ若そうだ。でも俺は老けてしまった」(翻訳・編集/山中)