『この世界の片隅に』 (C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会  

写真拡大

片渕須直監督が6年の歳月をかけて作り上げ、のん(能年玲奈)が主人公の声を演じていることも話題のアニメーション映画『この世界の片隅に』が、早くも観客動員10万人を突破したことがわかった。

[動画]女優・のん、アニメ映画で初主演/映画『この世界の片隅に』予告編

本作は戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずを描いた珠玉のアニメ映画。2週目の11月19日、20日の週末興行成績は、公開館数が初週より5館増えた68館ながら、興収5679万8980円、観客動員3万9638名で、前週比124%の動員となり、全国映画動員ランキングで再び10位にランクインした。累計動員数は11万7332名で早くも10万人を突破している(累計興収は1億6289万9760円)。

初週の土日は、男女比8:2で30〜40代が中心となっていたが、平日にシニアや学生が多数来場し、土日比で大幅に落ちることなく、満席の映画館も続出した。2週目となったこの土日は、男女比5:5、ファミリーや学生の姿も多くみられ、都市部では外国人客の来場も増えており、性別・年齢を問わず幅広い層が劇場に詰めかけた。

また、原作コミック(上・中・下3巻)は相次ぐ重版で60万部を突破。コトリンゴによるオリジナルサウンドトラックは、iTunes「サントラ」ジャンルで、11月19日〜21日にかけてアルバムランキングで1位、シングルではオープニングテーマ「悲しくてやりきれない」が1位、エンディングテーマ「たんぽぽ」と主題歌「みぎてのうた」もTOP10内にランクインしている(11月21日17時現在)。