Doctors Me(ドクターズミー)- 喫煙習慣が薄毛を招いてしまう? ニコチンが与える頭皮へのダメージ

写真拡大

「最近、
髪の毛が薄くなったきた」という方も多いと思います。 それにはさまざまな原因が考えられますが、理由として挙げられているのが「喫煙」。 しかし、タバコを直接吸っていない人でも注意が必要なようです。

要チェック項目

□薄毛にはさまざまな原因が考えられる □その中には喫煙によって引き起こされるものも □しかし直接吸っていなくても頭皮に影響を及ぼすこともある

どうして喫煙が脱毛を引き起こすのか

タバコを吸う行為がどうして頭髪に影響するのかご説明いたします。 髪の毛を生やす源は「血液中の栄養分」です。頭皮の下に張り巡らされている毛細血管から栄養を吸い上げて成長するのです。つまり血流が良くないと、毛髪は生えにくくなるのです。

タバコのニコチンが血管を収縮

もともと髪の毛には、ある一定期間で生え変わる「ヘアサイクル」というものがあります。これを正常なものにしているのは、血液中の栄養分。 しかしタバコを吸うと脳内の毛細血管の血流が悪くなり、栄養分も頭皮にスムーズに行き渡らなくなります。するとヘアサイクルが乱れ、生えたとしても徐々に痩せた髪の毛しか生えて来なくなるのです。

喫煙によって肌が乾燥 栄養不足に

タバコを吸うことで、肌をみずみずしく保つ水分、さらには肌によい栄養分がニコチンによって奪われます。すると肌の機能も低下し、カサカサな乾燥肌になってしまいます。それは頭皮も同じ。髪が抜けやすくなるのです。

薄毛だけではない喫煙の頭皮への悪影響

こうして髪のヘアサイクルに有害物質と言われるタバコのニコチンですが、頭皮への影響はそれだけではないようです。

タバコにイヤな匂いが髪に付着

実は頭の皮脂にはニコチン特有のにおい成分が付きやすいと言われているのです。

活性酸素が増えて頭からイヤな匂いが出る

最近よく聞く「活性酸素」という言葉ですが、これはさまざまな物質を酸化させてしまう働きがあるという成分です。実はタバコを吸うと、この活性酸素が多量に発生してしまうのです。 タバコの煙を吸うと、その有害物質を取り除くために白血球や活性酸素が発生。頭皮に活性酸素が増えることで皮脂が酸化しやすくなにり、頭皮がくさくなりやすいと言われているのです。

女性も気をつけたい喫煙による薄毛

最近目立ってきた女性の薄毛。この因果関係を調べると、「喫煙」する女性が増えたから、ということもいわれています。

女性が薄毛になりにくい理由はエストロゲンが作用している

一般的には女性は、男性より薄毛になりにくいと言われています。これには女性ホルモンの1つ「エストロゲン」が関係しています。実はこれには髪の毛をたくましく成長させる因子が入っているのです。

喫煙によってエストロゲンが減少

しかし喫煙によって分泌量が減少します。すると髪も細くなり、結果薄毛になってしまうと言われています。

確実にむしばむ喫煙による毛髪の減少

男性に限らず、こうして女性も髪の毛が喫煙によって減ることがわかりました。ただエストロゲンの減少速度はそこまで激しくありませんので、ゆっくりと、しかし確実に髪の毛も減っていきます。

直接吸っていなくても薄毛に!?

「受動喫煙」ということはを聞いたことがありますか? これはたばこを吸っていない非喫煙者が、周囲の人のタバコの煙「副流煙」を吸い込んでしまうこと。実はこれでも頭皮に影響があるのです。

受動喫煙のほうが害が大きい

タバコを吸っている人より、周りでその煙を吸う人のほうが害が大きいのはなぜでしょうか。 それは、非喫煙者は吸い口のフィルターで有害物質を除去した煙を吸っていますが、その隣にいる人はもろにその煙を吸っているからなのです。

有害物質は主流煙の2〜4倍とも

喫煙者が吸っている煙を「主流煙」といいます。しかし、副流煙は、その2〜4倍もの有害物質が含まれていると言われています。 つまり、タバコを吸っている人の周囲にいると、それだけで薄毛になってしまう「可能性」があるということなのです。 もちろん有害物質が髪の毛や肌に付着し、肌や髪の毛が乾燥することも考えられます。

直接煙を吸わなくても要注意

また、直接となりや周囲に喫煙者がいなくても、喫煙後は、ソファやカーテンなどに有害物質が付着していますので、それを吸い込んでしまうことも考えられます。

禁煙と合わせて行いたい頭皮へのダメージ予防

自分の薄毛はもしかして喫煙が原因かも…と思った方はこれを機に禁煙だけではなく、生活の見直しも図りましょう。

過度なストレスのかかる生活をしていないか

タバコを吸う方の中にはストレスを解消するため、リラックスするためという方もおりますが、裏を返せばストレスフルな環境にさらされているということ。 ストレスがかかると自律神経が緊張状態に入り、毛細血管が収縮。これによっても薄毛につながりやすいと考えられています。 タバコを吸わずにどう息抜きできるか考えてみましょう。

栄養の偏った食事、睡眠時間の見直し

髪の成長に必要なのは適度なタンパク質やミネラルと言われています。さらに髪の毛根の細胞分裂は睡眠中に行われると言われています。 短すぎる睡眠はそれだけ毛根の発達に良くないということ。いずれもチェックしてみてください。

タバコを辞めたからと言って薄毛が止まるかはわからない

タバコが頭皮に与える影響を説明してきましたが、注意しなければならないのは女性も同じだということです。 しかも、タバコを吸っている人の周りの人間も気をつけなければならないということです。 もちろん薄毛は食生活の乱れや遺伝的な原因も考えられますので、タバコを辞めればすぐ薄毛の進行が止まるかは誰も断言できません。 心配な場合は医師や専門機関に受診してみましょう。 (監修:Doctors Me 医師)