『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のジャパンプレミアに登場したエディ・レッドメイン

写真拡大

11月21日、『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)のジャパンプレミアイベントが開催が開催され、来日した豪華キャスト、スタッフが集結した。

【写真を見る】映画さながらの登場にファン歓喜!

六本木ヒルズアリーナで行われたレッドカーペットには、エディ・レッドメインを筆頭に、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラーといったキャスト陣、さらにデヴィッド・イェーツ監督とプロデューサーのデイヴィッド・ヘイマンが登場。降りしきる雨もなんのその、つめかけた多くの観客に対してサインに、写真にとサービス精神あふれる対応で日本のファンを魅了した。

カーペットを歩き終えると、『ファンタビ』宣伝大使を務めるDAIGOが、劇中のキーアイテムであるトランクを持って登場。「この作品は、FBM(ファンタスティック・ベスト・ムービー)です」と“DAI語”で映画の感想を述べると、トランクをステージ上に設置。すると、あたりにはスモークが立ち込め、開いたトランクからレッドメインが登場するという映画さながらの演出がなされた。

登壇したレッドメインが魔法の杖を振って「アロホモーラ!」と唱えると、ステージ上の扉が開き、他のキャスト、スタッフ陣が登場。今回が8度目の来日だというデイヴィッド・ヘイマンは「日本に来るたびに、手厚い歓迎を受けて、非常に嬉しく思います。(原作者)J・K・ローリングの世界の中で仕事ができることはとても光栄。『ファンタスティック・ビースト』シリーズもよろしくお願いします」と挨拶した。

DAIGOの「日本のファンに魔法をかけるとしたら?」との問いかけにレッドメインは「魔法のトランクに全員入れて、持って帰ってしまいたいね」と笑顔交じりで回答。このキュートな答えに、女性ファンからは黄色い歓声が上がった。

最後にDAIGOが「この冬は?」とコールすると、会場は「ファンタビ!」とレスポンス。降り続く冷たい雨も忘れさせるほどの熱気に包まれ、大盛況のままイベントは終了した。【取材・文/トライワークス】