写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月19・20日の2日間、東京・ベルサール秋葉原にてセガグループ初の共同イベント「セガフェス」が開催。20日に行われた『SOUL REVERSE ZERO』ステージでは開発陣によるゲームのプレゼンテーションや、声優の山下七海、高橋李依らを招いてのトークショーが繰り広げられた。

『SOUL REVERSE ZERO』は、11月21日から配信されるスマートフォン向け新作ファンタジーRPGで、セガ・インタラクティブ第二研究開発本部(AM2)が制作したタイトル。スマホアプリでは類を見ない最高クラスの演出とグラフィック、豪華声優陣によるフルボイスで展開する重厚なメインストーリーが魅力の本作は、指一本のシンプルな操作性と奥深い攻略要素を兼ね備え、ライトユーザーからコアユーザーまで幅広く楽しめる作品に仕上がっている。

イベントには、まず『SOUL REVERSE ZERO』に出演しているルーチェ役の山下七海、メルメル役の高橋李依、『SOUL REVERSE ZERO』プロデューサー・平井徳一氏が登壇。ゲームの魅力についてトークが繰り広げられた。

平石氏は、本作で声優が50人以上参加していることや、「アーサー王」や「織田信長」「クレオパトラ」など"英霊"と呼ばれる古今東西の英雄の魂を召喚して戦うこと、そして世界観など、これまで公開された情報をあらためて紹介。また山下と高橋は、自身が担当したキャラクターになりきって、お互いのキャラクターの魅力を紹介。セリフを言い終えた2人は照れた表情を見せつつ、高橋は「収録はいつも1人だったので、横から本物のメルメルの声が聞けてうれしい」とコメントし、会場から大きな拍手が起こった。

次に本作のイラストを手がけたイラストレーターのクリスティアン・ペニャス氏が登壇し、ライブペインティングを披露した。いつもはパソコンでイラストを描いているというペニャス氏だが、15分足らずでルーチェとメルメルを見事に描き上げ、登壇者と会場のファンから感心の声があがった。

その後、21日の配信を前に実機によるゲームプレーコーナーに突入。山下、高橋、ペニャス氏は3人プレイによるマルチモードに挑戦。初めてプレイする3人だったが、シンプルな操作性のおかげで、ゲーム後半に登場した強力なボス戦でも強力な技を次々と繰り出し、見事ミッションをクリアしてみせた。

ステージ後半には、『SOUL REVERSE』シリーズとアーケード版『SOUL REVERSE』のプロデューサーを務める三上岳彦氏がステージに登場。謎に包まれていたアーケード版のプロモーションビデオとゲーム画面を初公開した。現時点では、ゲームシステムなどの詳細は語られなかったが、年明けには新情報を公開したいと述べた。また、三上氏は「スマホ版でいいカードを手に入れるには、アーケード版をプレイしなければならないという縛りはやらないつもり。あくまでスマホ版を遊ぶと少しアーケード版が遊びやすく、アーケード版をプレイするとスマホ版が遊びやすくなるような仕様にしたい。まずは『SOUL REVERSE ZERO』をプレイしてください」とアピールした。なお、開発状況に関しては70〜80%とのこと。

さらに、イベント後には山下、高橋、平井氏の囲みインタビューが行われた。キャラクターの第一印象について、山下は「ヒロインをやる機会がほとんど無かったので緊張しましたが、ルーチェちゃんの最初はおどおどしていてこれから成長するというキャラクター性が、私とリンクしていてやりやすかった」とコメント。高橋は「かわいらしい少女かなと思ったら、おまんじゅうさんみたいな感じでビックリ。でも、この作品のマスコットキャラクターということや、脚本が凄くおもしろかったので、いっぱい遊んでみようという思いでした」と当時を振り返った。

また、「どんな"英霊"を使ってみたいか」という質問には、山下が「とにかく強いキャラクター。あとは回復係を絶対入れたいです」、高橋が「声優さんがたくさん出られているので、かっこいい声の女性声優だけを集めたパーティーを組みたいです」とマニアックな回答。さらに、平井氏にオススメの「英霊」を聞いてみたところ、「カニディアという英霊やブリュンヒルデがオススメ。強くてかわいいんです」とイチオシキャラを紹介してくれた。そして、「どんなところに注目して遊んでほしいですか?」という質問には「バトルシーン。"英霊"一人ひとりにムービーがあるので、そこはぜひ見てほしい」とアピールした。

(担当ぱぴい)