左上から時計回りに「LONCAFE STAND NAKAMEGURO」、「CURRY SHOP 井上チンパンジー」、「THE CITY BAKERY」、「PAVILION」

写真拡大

2016年11月22日、「中目黒高架下」に飲食店を中心とした28店舗がオープンします。28店舗中14店舗が新業態、2店舗が関東初出店という注目度の高いスポットです。

そのプレス向け内覧会に参加し、ひと足先に注目のお店をチェックしてきました。

うどん居酒屋のパイオニア

中目黒駅から祐天寺の間700メートルに28店舗が軒を連ねる"高架下の商店街"です。

中でも注目は、関東初出店の2店舗「二◯加屋長介(にわかやちょうすけ)」と「鶏だしおでん さもん」。

博多で人気急上昇中"うどん居酒屋"のパイオニアのようなお店がこの「ニ○加屋長平」です。

お店に入るとまず目に飛び込んでくるのは、80種を超えるおつまみの品書き。単なるうどん屋さんではなく「うどん居酒屋」ということが一目で分かります。中には、明太子あぶり、明太玉子焼きなど博多らしいメニューも。ビールや日本酒、カクテルをはじめ、ワインも楽しめます。

お酒を飲みながら、おつまみメニューを楽しんだら、〆にうどんをどうぞ。おすすめは「鶏白湯あつかけうどん」(980円)。博多名物の"水炊き"のような見た目です。

うどんをすすると濃厚なスープが絡んできて、まろやかなコクが口の中に広がります。濃厚ですが、ラーメンほど重くなくあっさりしているので、〆にもってこい。重すぎる〆が苦手な女性にもおすすめです。

メディアはもちろん一般のお客さんからも注目度が高く、内覧会でお邪魔している最中にも予約の電話が鳴っていました。東京にもうどん居酒屋ブームがやってくるかもしれません。

鶏ガラのスープで食べる名古屋おでん

もう1店舗の「鶏だしおでん さもん」は、名古屋で人気のおでんのお店。店内は京都の町屋をイメージした内装で落ち着いた大人の雰囲気が漂います。ここでは、おすすめの「せせり」(270円)と「大根」(280円)を食べてみました。

まずびっくりしたのは、特徴でもある"だし"。通常のおでんはカツオや昆布がベースですが、こちらのお店では鶏ガラと野菜を長時間煮込んだ鶏だしのおでんが楽しめます。

おでんの邪魔にならない優しい味つけですが、しっかりと鶏の風味が出ていて、スープとしてそのまま楽しめそうなくらいです。

大根は1人前が手のひらいっぱいほどの大きさがある大ボリューム。口いっぱいに頬張るとジュワーっと鶏だしがあふれてきます。これだけで満足しそうなくらい食べ応えのある1品です。「せせり」は、プリプリとした柔らかい食感。歯ごたえもあってあり、噛むほど旨味が出てきて美味しい...! 最後はスープも残さず飲み干しました。

寒い日の帰りにふらっと立ち寄れそうな温かいお店で、立ち呑みもできるので1人でも入りやすそう。

愛を深めたい人を行くべき「パビリオン」

もう1店舗見逃せないのが、「PAVILION(パビリオン)」。LOVEとARTをテーマにしたレストランです。自慢の窯で焼いたジビエ肉や短角牛などの窯焼きメニューが揃います。

アーティストがこのお店のためにつくった作品が店内のいたる所に散りばめられていて、美術館さながらの迫力。

個室のような雰囲気の懺悔室や、すこし狭いカウンター席など愛を深められる2人席がたくさんあるので、これから関係を深めたい人や、マンネリ気味のカップルのスパイスになってくれるかも。夜だと5500円くらいです。

このほか、カレー専門店「CURRY SHOP 井上チンパンジー」やフレンチ―トースト専門店「LONCAFE STAND NAKAMEGURO」、「鉄板焼 芯 立ち呑み屋」などなど、紹介しきれないほど注目の店舗がぎゅぎゅっと詰め込まれています。この冬1度は行きたい注目スポットです。

詳細は公式サイトへ。